GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
オフィスチェア [オン]
事業主体名
ウィルクハーン社
領域/分類
仕事領域 - オフィス関連機器設備
受賞企業
ウィルクハーン社 (Germany)
ウィルクハーン・ジャパン株式会社 (東京都)
受賞番号
10C02026
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ウィルクハーンが、ドイツ国立ケルン体育大学との協働により、5年という開発期間を経て完成したワーキングチェア「オン」。着座姿勢よりもむしろ動くことに着目し、身体の関節の動きに従う世界初の三次元シンクロメカニズムを搭載したチェアを実現しました。このメカニズムは、座面と背もたれの前後方向の動きに左右方向の動きを取り入れ、連動させることで、まるで人間の関節のような動きを可能にしています。身体の重心は椅子の回転軸の中心にとどまり、どんな姿勢をとってもバランスを保ちます。着座時でもダイナミックに身体を動かせることで、身体に重要な代謝が促進され、健康的に座るという新たなスタンダードを生み出しました。

プロデューサー

ウィルクハーン社 社長 ヨハン・ハーネ

ディレクター

ヴィーゲ社 社長 ミヒャエル・イングリッシュ

デザイナー

ヴィーゲ社

ONプロジェクトチーム

詳細情報

http://www.wilkhahn.co.jp

日本での発売開始日
2010年3月27日
価格

102,900 ~ 426,300円 (税込価格)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

IT化によるデスクワークの長時間化に比例するように身体の疾患を訴える人が増加していますが、それは、デスクワークの間、ほとんど身体を動かしていないことが原因だと言われています。こうした背景から、着座時にも身体にちょうどいい刺激を与えるため「動く」ことに注目し、自然で自由に座ることで、心地よさだけでなく心身に活力を与えることを目指しました。

デザイナーのコメント

三次元の身体の動きを可能にするシーティングの開発が軸となった。さまざまな研究と追求を重ね、最新技術を用いて可能性を探り続けた。一つ一つの詳細部分について時間も手間も惜しまず納得がいくまで形状を改善していった。信頼と安全性もまた形状に取り込むため、簡単で直感的な操作性とシンプルに統一されたデザインを意識した。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

長時間座って働くワーカー

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

着座時でも自然で自由に動くことで、身体の代謝が活性化され、健康的に座ることを実現した。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

最小限のマテリアルでメンテナンスを考慮したデザインで、損傷したパーツや張地は取り外しや交換が可能。使用部材の96.5%はリサイクル可能である(一部リサイクルされた部材を使用)。米国グリーンガード協会の認証も取得。また輸送時ノックダウン方式の導入で容積を55%削減。本社工場においては植物油を燃料として稼動するコージェネレーション機によって二酸化炭素排出を78%削減した。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ウィルクハーン・ジャパン 六本木ショールーム
http://www.wilkhahn.co.jp

審査委員の評価

身体の関節の動きに追従する三次元メカニズムのコンセプトが斬新で、しかも極めて完成度が高く美しい。どんな姿勢をとったとしても椅子の重心が常に回転軸の中心に留まるため優れた安定感がある。座ることを身体の動きで捉え直すというテーマを立て、これを実現しようとした設計チームの並々ならぬ気迫が感じられる製品である。

担当審査委員| ムラタ・チアキ   馬場 了   山本 秀夫   和田 達也  

ページトップへ