GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
商品住宅 [カーサ・テット]
事業主体名
ラッツ・アーキテクツ株式会社
領域/分類
生活領域 - 戸建住宅・集合住宅
受賞企業
カーサ・テット#01 施主 (大分県)
株式会社平野工務店 (大分県)
ラッツ・アーキテクツ株式会社 (大分県)
受賞番号
10B08059
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

屋根面積を最大化し、かつ、発電効率が最大となる屋根勾配と方位を追求した一つのプロトタイプ住宅である。夫婦+子供2人という平均的な家族構成に最低限対応できるプランとし、ある程度のカスタマイズによって、各種の住環境ニーズに応えうる住宅である。側面ファサードから見ると、直角三角形の鋭角の部分をカットしたような形状であるため、南側ファサードはまるで平屋のようであるし、逆に北側ファサードは3階建てに見える。あくまでもロフト付きの2階建て住宅である。1階は南側に開口部を集中し、2階とロフト階は、北側とルーフテラスからの間接採光とする事で、南勾配の大屋根を実現できている。

プロデューサー

ラッツ・アーキテクツ株式会社 代表取締役 古後信二

ディレクター

ラッツ・アーキテクツ株式会社 代表取締役 古後信二

デザイナー

ラッツ・アーキテクツ株式会社 代表取締役 古後信二

古後信二/建築家

詳細情報

http://rats-architects.seesaa.net/

発売
2008年12月19日
価格

24,000,000円

販売地域

日本国内向け

問い合せ先

ラッツ・アーキテクツ株式会社
Email: info@rats-architects.com
URL: http://rats-architects.seesaa.net/

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

持続可能な素材である国産ならびに県産木材をふんだんに使い、地域社会に根付いた伝統的工法を継承するといっていい在来工法を用いて、パッシブデザイン手法を活用しながら地球環境への負荷を低減させる住宅を、現代社会の進化する住環境ニーズに応えながら、高品質のデザインでまとめ上げ、都市景観の向上に寄与させる事。そして、その過程において新しく普遍的なデザインコードを創出し、芸術・文化の発展に貢献する事。

デザイナーのコメント

太陽光発電パネルを最大限活用できうる住宅のプロトタイプ開発の一つの試みである。屋根を南側への片流れとする事で屋根面積のほぼ100%を活用し、かつ、発電効率をできるだけ最大にする角度を模索し、スタイルが決定された。そこから自動的に生み出されるボリュームのなかで、一般的な家族の住環境ニーズをほぼ満たした住宅ができたといっていい。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

夫婦+子供2人という平均的な家族構成をベースとした使用者を想定し、ハウスメーカーが供給するごく一般的な商品住宅ではなく、建築家によるオートクチュール型住宅でもない、建築家によるプレタポルテ型住宅に関心のある層を想定した。そういった層の中でも、太陽光発電システムの導入に積極的な使用者という想定から、すべての開発がスタートしている。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

太陽光発電パネルの設置が有利な屋根面を将来的に活用できるという価値を実現している。南勾配の大屋根と居住環境の両立といういわば二律背反の要素を統合した。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

持続可能な素材である国産ならびに県産木材をふんだんに使い、地域社会に根付いた伝統的工法を継承するといっていい在来工法を用いて、パッシブデザイン手法を活用しながら地球環境への負荷を低減させる住宅を、現代社会の進化する住環境ニーズに応えながら、高品質のデザインでまとめ上げ、都市景観の向上に寄与させた。そして、その過程において新しく普遍的なデザインコードを創出し、芸術・文化の発展に貢献させた。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

大分県大分市中尾
http://rats-architects.seesaa.net/

審査委員の評価

受賞者は、工務店と設計事務所の恊働でつくる商品住宅、というプロトタイプ住宅のシリーズを多数提案している。その取り組みとともに、本提案は外部に開かれたプランである点が評価された。

担当審査委員| 難波 和彦   高橋 晶子   手塚 由比  

ページトップへ