GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
マッサージチェア [Panasonic マッサージソファ EP-MS50]
事業主体名
パナソニック電工株式会社
領域/分類
身体領域 - 健康・ケア・介護用品
受賞企業
パナソニック電工株式会社 (大阪府)
受賞番号
10A02016
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

・本格的なマッサージ機能を備えながら、コンパクトかつシンプルなデザインで様々なインテリアにフィットするソファスタイルのマッサージ機。・上質感のあるPUレザーを使用し、しわが少なく、美しい曲面を作り上げる立体的な縫製ラインを追及。・サイズと性能は従来機種を継続しながら、足乗せ台にもなるオットマンを新たに搭載。・座面内部にエアーバックを搭載することにより、さらにもみ心地を向上。・肘掛を広くすることでゆったりと座れるようになり、エレガントなイメージを演出している。

プロデューサー

パナソニック電工株式会社 電器事業本部ヘルシー・ライフ事業推進部 吉岡民夫

ディレクター

パナソニック電工株式会社 デザイン開発センター 電器デザイングループ 山本真二

デザイナー

パナソニック電工株式会社 デザイン開発センター 電器デザイングループ 青木基浩

デザイナー

詳細情報

http://panasonic.jp/massage_sofa/

発売
2010年6月21日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

・ソファにマッサージ機能を融合させコンパクトなサイズにまとめる ・PUレザーの質感と縫製を細部までこだわった ・マッサージしない時にも椅子として自由な座り方でくつろげるデザイン

デザイナーのコメント

背もたれの高さや全体の大きさ、おおらかさのあるラウンドフォルム。従来商品の持つ良さは保ちながら、足乗せ台にもなるオットマンやワイドな肘掛など、お客様視点で更なる快適性の向上に努めた。更に、インテリアトレンドに敏感なユーザーのニーズに応え、なめらかな曲面で構成されたエレガントな造形とやわらかなPUレザーの質感で、ワンランク上の上質感を提供することができた。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

ソファのくつろぎとインテリア性を求める、40?50代のライトユーザー。エレガントで落ち着きのあるインテリアを好む方に。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

●マッサージ機として使わない23時間45分は、インテリア性の高いソファとして使える ●足乗せ台にもなるオットマンとワイドな肘掛で、よりゆったりとくつろぐことができる ●なめらかな曲線で構成されたデザインで空間をエレガントに演出でき、手触りのよさとお手入れ性のよさを兼ね備えたPUレザー張りで気になる汚れも簡単に拭き取ることができる

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

待機電力を7Wから0.3Wに削減 小型軽量化による使用樹脂の減少 塗装レス部品の使用

どこで購入できるか、
どこで見られるか

家電量販店

審査委員の評価

昨年「マッサージするソファ」というコンセプトによるインテリアへの親和性が、新しいライフスタイル提案として高い評価を得たが、今回の対象はその上位機種である。本格的なマッサージ機能とコンパクトでシンプルであることの両立はそのままに、上質感のあるポリウレタンレザーの採用や肘掛を広くするなど、ユーザー層を明解に想定したアプローチが見られる。やわらかな曲線によるフォルム、新たに加わった足のせ台にもなるオットマンも使いやすい配慮がなされていて好ましい。この先も、多様なユーザーの声に応える進化を遂げていくことを期待したい。

担当審査委員| 左合 ひとみ   安積 朋子   高尾 茂行   原 研哉  

ページトップへ