GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
電子体温計 [オムロン電子体温計 MC-675/ MC-674/ MC-677W-HP]
事業主体名
オムロンヘルスケア株式会社
領域/分類
身体領域 - 健康・ケア・介護用品
受賞企業
オムロン ヘルスケア株式会社 (京都府)
受賞番号
10A02012
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

測定中のずれを感知し、ずれたことを音と光で知らせる「わきぴたセンサ」搭載の予測式電子体温計。子供の検温時に正しく腋にはさんで測定できているか不安というユーザの声に対応し、業界初、体温計のずれをすばやく感知してお知らせする。腋にしっかり挟めていると緑色のランプが点灯、検温中にずれたり、しっかり挟めていない場合は赤色のランプとブザーで知らせる。(MC-675のみ) 柔らかい印象のスティック型と先端の平らなフラット感温部を採用し、腋下にぴったりフィットするので子供から大人まで安心して使用できる。病院向けモデル(MC-677W-HP)とのシリーズ化で医療で使われる信頼性を家庭に展開することが出来た。

プロデューサー

オムロンヘルスケア株式会社 商品開発統轄部 統轄部長 兼 生体計測機器開発部 部長 田中孝英

ディレクター

オムロンヘルスケア株式会社 商品企画統轄部 デザインコミュニケーション部 部長 小池 禎

デザイナー

柴田文江 (デザインスタジオS 代表)

詳細情報

http://www.healthcare.omron.co.jp/product/other_index.html

発売
2009年9月1日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

MC-675は子供の検温を早く正しく行うため、ずれにくくはさみやすい感温部のデザインと、ずれたことを知らせる「わきぴたセンサ」機能を搭載し、正確な検温をサポートする。MC-677W-HPは少しの時間も無駄に出来ない医療現場の二-ズから、ケースの出し入れでも本体スイッチでも電源のオンオフを可能にした。静かな病室で音を出さないように安定するケース形状も、医療現場のヒアリングから生まれたデザインである。

デザイナーのコメント

オムロン体温計の象徴であるフラットセンサ(先端が平ら)を継承しつつ、無駄のないスティック型の基本形状を目指した。ラインナップとしても、基本モデル(MC-674)に加えわきぴたセンサ機能を搭載したモデル(MC-675)と、病院向けモデル(MC-677W-HP)とのシリーズ化を実現することで、医療用/家庭用の親和性を高めることを目的とした。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

MC-675:小さな子供の検温を行うユーザ。特に3歳?5歳程度の子供に、そろそろ一人で検温を任せたいがエラーになりやすく、かえって検温に時間がかかってしまうことに不満を持つ利用者。MC-674:子供から大人まで、自身または家族の検温を行う使用者。MC-677W-HP:医療現場での検温を行う使用者。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

MC-675:わきぴたセンサにより、きちんとはさめているか小さな子供でも確認出来るため、一人でも正しく検温出来るようになった。MC-674:安心でしっかり測れる60秒予測検温機能とシンプルなデザイン、ケース・本体ともに抗菌樹脂を使用し、家族での共用に最適とした。MC-677W-HP:少しの時間も無駄に出来ない医療現場のニーズに応え、ケースからの出し入れでも本体スイッチでも電源オンオフを可能とした。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

検温時に腋にしっかり挟めていると緑色のランプが点灯し、検温中にずれたり、しっかり挟めていない場合は赤色のランプとブザーでお知らせする「わきぴたセンサ」を搭載。柔らかい印象のスティック型と先端の平らなフラット感温部を採用し、腋下にぴったりフィットするのでずれにくくはさみやすい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

家電量販店、薬局

審査委員の評価

MC-675は検温の際に子どもが正しく腋にはさんで測定できているかに不安を持つユーザーの声に応えて出来た、画期的な電子体温計。腋にしっかり挟めているときは緑色のランプが点灯、ずれたりした場合は、赤色のランプとブザーで知らせるというすぐれた機能を持つ。この企業の体温計に共通するやわらかな形状のスティック型と先端の平らなフラットセンサは、フィット性だけでなく心理面でも安心して使える造形である。また、ケースからの出し入れと本体スイッチの両方で電源のオンオフを可能にした医療用MC-677W-HPも、現場のニーズに応えて改善する姿勢に好感が持てる。

担当審査委員| 左合 ひとみ   安積 朋子   高尾 茂行   原 研哉  

ページトップへ