GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
3DCGソフトウェア [CINEMA 4D]
事業主体名
マクソンコンピュータ
領域/分類
ネットワーク領域 - 業務用・公共用ソフトウェア
受賞企業
株式会社ティー・エム・エス (東京都)
マクソンコンピュータ (Germany)
受賞番号
09E12006
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

CINEMA 4Dは、建築、プロダクトデザイン、映画、CM、グラフィックデザイン、Webとさまざまな業界で使用されています。しかし、各業界ごとで必要とされる機能は、異なっています。そのため、CINEMA 4Dは、必要な機能だけを組み合わせることができるモジュールシステムを採用。また、一般のソフトウェアと比べ、膨大なで複雑な機能を持つ3Dソフトを、初心者とプロの両方が使いやすくするため、インタフェースやヘルプ機能等を充実させています。MacintoshとWindowsの買い替え等にも対応するため、業務用ソフトでは珍しく1パッケージで両方のOSに対応しています。

プロデューサー

マクソンコンピュータ

ディレクター

マクソンコンピュータ

デザイナー

マクソンコンピュータ

発売
2009年9月7日
価格

126,000 ~ 525,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

問い合せ先

マクソンコンピュータ
Email: info_jp@maxon.net
URL: http://www.maxon.net/jp/

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

使いやすさと、高機能の両立を目標に開発が行われました。初心者でも分かりやすいインタフェースと、熟練者にも対応できるカスタマイズ性。顧客にとって、最小限の予算で必要機能を購入できるパッケージ構成となっています。

デザイナーのコメント

使いやすいさと、多機能は非常に両立のしにくいものですが、初期インタフェースではシンプルにして、熟練者がより突っ込んだ操作をしたいという要望にも応えられる製品作りをしています。そのおかげで、数多くの映画制作から、建築パースといった幅広いジャンルに貢献しています。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

建築、プロダクトデザイン、映画、CM、グラフィックデザイン、Web業界で、3D CGのグラフィックや映像を制作する方で、初心者から熟練者まで。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

はじめての方が触っても分かるように、インタフェースの工夫と、ヘルプの充実と、熟練者がより効率よく作業するためのカスタマイズ性の両立を図りました。また、建築業界、工業デザイン業界、映像業界別にパッケージを用意しました。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

予算に対する問題は、必要な機能だけを購入できるモジュールシステムの提供による解消。デザイナーの新しい技術への対応には、初心者にもやさしいインタフェースにより、使いやすい製品としました。

その問題点に対し、どのように対応したか

映像、グラフィック業界は、常には高い品質を求められますが、不況による広告予算の縮小等により、新しい技術やソフトへの予算取りが難しいという問題と、デザイナーは、いろいろなジャンルの仕事を複合的に行う必要性がある。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

一般パソコンショップ、電気機器販売店

ページトップへ