GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
モノクロ複合機 [コニカミノルタ bizhub PRO 1200/ 1200P/ 1051]
事業主体名
コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社
領域/分類
ネットワーク領域 - 業務用・公共用コンピュータ、および周辺機器
受賞企業
コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社 (東京都)
受賞番号
09E10025
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

高速処理能力を求める企業内の印刷部門から、印刷業界のニーズまでカバーする、ドキュメントの付加価値と印刷の効率を追求した印刷現場の即戦力となる高速デジタルモノクロ複合機。毎分105?120枚の高速出力と、多様な仕上げ処理を可能とする充実した後処理機システムのラインナップにより、多様な業務ニーズに対応する。

プロデューサー

コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社 事業統括本部 PP商品企画部 西山純彦、金子昌靖

ディレクター

コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社 デザインセンター 財部裕氏、南原二郎

デザイナー

コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社 デザインセンター 西世古旬、久保田玲央奈、池田祐介、林貴子、寺坂崇+有限会社オッティモ 山本秀夫

発売
2009年7月31日
価格

10,500,000 ~ 21,000,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

企業内印刷部門・商業印刷事業者

問い合せ先

コニカミノルタホールディングス株式会社 広報・ブランド推進部 広報グループ
URL: http://konicaminolta.jp/

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

信頼性と高画質の進化。プロの「道具」であるために ・短納期と高画質の両立。One to Oneマーケティングへの対応 ・オンデマンド印刷を担うプロフェッショナルのための、モノクロ印刷システム ・高速処理能力を求めるオフィスから企業内の印刷部門、さらには印刷業界のニーズまでカバー ・ドキュメントの付加価値と印刷の効率を追求する、印刷現場の即戦力

デザイナーのコメント

弊社プロダクション機器としての信頼感、堅牢性をプレーンでシンプルなデザインによって実現 。可動式の大型15インチタッチパネルを搭載することにより、操作性と視認性を向上させた。GUIは、マシン分離型操作部に簡潔で分かり易い画面デザインを搭載することにより、使いたい主要機能や設定をひと目で確認することが可能になり、業務の効率化に貢献している。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

・企業内印刷部門 ・商業印刷事業者

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

・使用者へのユーザビリティの配慮 ・使用者の使用目的に応じて選択可能な操作画面の提供 ・印刷機としての経済性、生産性の高さ

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

自社の使用済み製品を回収、解体し、その再生材を本体の一部に使用、またトナーボトルを再資源化するなど、省資源を追及している。

その問題点に対し、どのように対応したか

情報機器のライフサイクルを考慮し、循環型リサイクルの推進を課題とした。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

コニカミノルタ デジタルイメージングスクエア 108-0075 東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー 4階
http://konicaminolta.jp/business/products/ondemand_print/dis/index.html

審査委員の評価

プレーンな面構成、取手及びその周囲の造形、分割ラインの処理などの一貫したデザインテーマがある。この種のプロダクトにありがちなデザイン上の制約を感じさせない明快なコンセプトを感じ取ることが出来る。

担当審査委員| 戸島 國雄   戸谷 毅史   山崎 和彦   渡辺 弘明  

ページトップへ