GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
プレイステーション(R)3 用アプリケーション [フォトギャラリー]
事業主体名
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
領域/分類
ネットワーク領域 - 家庭用ソフトウェア
受賞企業
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント (Japan)
受賞番号
09E08003
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

"思い出空間で遊ぼう!"  フォトギャラリーはユーザーが撮影した膨大な写真を、PLAYSTATION(R)3の高い性能を使うことによって可能になる、新しい楽しみ方を提供するアプリケーションです。例えば大量の写真から、笑顔の子供の写真だけを瞬時に探し出したり、選んだ写真を豊富な種類のフォトフレームに飾ったり、お気に入りの音楽を付けて高品質なスライドショーとして楽しんだりといったことができます。開発にあたっては、このような操作をユーザーが家族や友人とテレビを見ながら楽しく、簡単に行えるように工夫しました。印刷された写真を見るような高精細な存在感があるのも特長のひとつです。

ディレクター

津田 宗孝

デザイナー

藤澤 幸子、河合 千恵

河合千恵 津田 宗孝 藤澤幸子

詳細情報

http://manuals.playstation.net/document/jp/ps3/current/photogallery/index.html

利用開始
2009年1月21日
価格

0円 (無料でネットワーク配信)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

世界中の人々が、日々の思い出となる写真をPLAYSTATION(R)3にため込み、家族や友人とテレビの前でワイワイガヤガヤと楽しんだり、時には一人でしんみりと見たり、いろいろな状況で末長く楽しんでいただくことを目指しました。

デザイナーのコメント

デジタルカメラの登場により、気軽にたくさんの写真を撮れるようになりましたが、その一方で、撮影した写真の整理には大変手間がかかるの事実です。本プロジェクトでは、楽しくないと思われていた行為を、反対に、家族や友達と一緒に楽しみながら行えるようにすることを目指しました。このアプリケーションを使うことによって、デジタル写真の楽しみ方をさらに広げてもらうことができればと思っています。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

デジタルカメラを使用している、幅広い年齢層の利用者。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

・快適で軽快な操作で、テレビに写して写真を見られる ・高品質で美しいスライドショーが見られる ・大量の写真を高速に表示し、思い出を辿りながら写真を眺められる ・多くの写真の中から瞬時に、子供の写真を探したり、人の写真を探すことができる ・様々な種類の楽しいフォトフレームに飾ることができる

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http://manuals.playstation.net/document/jp/ps3/current/photogallery/index.html

審査委員の評価

もはややり尽くされた感のあるフォトギャラリーアプリケーションだが、このソフトには高性能のハード環境を存分に生かしたリッチな演出に新味を感じた。非常にスムースな操作感でブラウズ出来るUIが心地よく、プレイステーション自体の魅力の一部としても寄与しているように思う。

担当審査委員| 永井 一史   佐々木 千穂   中村 勇吾   中谷 日出   福冨 忠和  

ページトップへ