GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
携帯電話用アプリケーション [ColorAttendant(カラーアテンダント)]
事業主体名
富士通株式会社
領域/分類
ネットワーク領域 - 個人用ソフトウェア
受賞企業
富士通株式会社 (神奈川県)
受賞番号
09E04001
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

携帯電話のカメラで撮影した写真の色を調べることができるアプリケーションです。日本人男性の約 5%、女性の約0.2%に色覚の差異があると言われており、赤と緑など特定の色を判別することが困難です。日常生活では、例えば靴下の左右の色を合わせることが難しく、本アプリケーションはこのような不便を手軽に解決することを目指して開発しました。起動→カメラで撮影→写真上の色を調べたい場所を選択という、非常に簡単な操作で、さまざまな色を調べることができます。また、楽しみながら色について知るツールとしての活用を目指し、色の情報表示や色の説明文の追加などの機能を搭載しました。

プロデューサー

富士通デザイン株式会社 部長 浅輪武生、デザインディレクター 伊藤智之

ディレクター

富士通デザイン株式会社 吉本浩二

デザイナー

富士通デザイン株式会社 近藤真太郎、土屋由美

担当デザイナー

詳細情報

http://jp.fujitsu.com/about/design/ud/ca/

提供開始
2008年9月26日
価格

0円 (無償ダウンロードにて提供)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

日常生活の不便を補助する機器を、実際に当事者の手元へ届けることが最大の目標でした。今までは、色に関するユニバーサルデザインについて、コンテンツ側の配慮に重点が置かれていましたが、次のステップとして当事者が自分自身で活用できる道具を届けたいという思いがありました。特別な機器(専用品)ではなく、携帯電話という誰もが持っているプラットフォームで実現することで、利用機会のハードルを下げることができました。

デザイナーのコメント

本アプリケーションの企画は、視覚に障がいのある当事者自身が色に関することで日常生活に不便を感じ、それを身近にある携帯電話で解決しようとしたことに始まります。特殊な補助機器としてではなく、あくまでも色を楽しむソフトとして見えるように心がけ、視覚障がい者、色覚に差異のある人のみならず、それ以外の人々も恩恵を受ける道具・機会と捉える考え方として、ユニバーサルデザインの理念の具体化の一例を目指しました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

視覚障がい者や色覚に差異のある人が、日常生活で色を判別する際の補助を想定しています。また、色彩に興味のある人に向けて、200種類以上の色名や色情報を表示します。対象は子どもから大人まで幅広く、さらに、弊社のらくらくホンやキッズケータイにも対応しています。らくらくホンではすべての画面の音声読み上げに対応、キッズケータイでは色のランキング機能などにより、楽しみながら色を覚えられる仕組みを実現しました。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

色覚に差異のある人は、靴下の左右の色を合わせる際や待ち合わせ場所で建物の色を判別する際などに困難があるといわれています。本アプリケーションは、携帯電話を使うことによって、色について不便を感じないライフスタイルを提案します。また、「新橋色」「若竹色」など歴史や文化を感じられる200種類以上の色名を表示できるモードもあり、すべての人にとって色の世界を楽しみ、色彩の知識を深めていただくことができます。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

開発コンセプトを「手軽・かんたん・うれしい・楽しい」とし、色の不便さを解決する方法として、コンテンツの配慮だけでなく、誰もが所持している携帯電話の中に「個人が活用できる道具がある」という社会のあり方を提案しました。そして、その道具が特定の用途に限られたものでなく、より多くの人が楽しめるものとなるようデザインし、ユーザーを広く捉えることで、開発を持続し継続的にユーザーが入手可能となるよう試みました。

その問題点に対し、どのように対応したか

色は美しさの表現だけでなく、情報の効果的な表現手段として活用されています。しかし、色覚に差異のある人は、場合によっては十分に色を判別することができず、効果的な表現手段であるはずの色による情報を的確に把握できないことがあります。すべての人の有用性を考慮した配色の検討、コンテンツ側の配慮が行われていますが、その適用範囲や古くからあるものも含めると、まだ十分な解決には至っていないように思われます。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

富士通製携帯電話用サイト「@Fケータイ応援団」よりダウンロード可能。【無償】
http://jp.fujitsu.com/about/design/ud/ca/

ページトップへ