GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
マンション [アルティス錦糸町]
事業主体名
伊藤忠都市開発株式会社
領域/分類
生活領域 - 戸建住宅・集合住宅
受賞企業
伊藤忠都市開発株式会社 (東京都)
受賞番号
09B08067
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

墨田区の歴史ある北斎通りの景観と共存し、周辺のイメージ向上に貢献するシャープな外観デザインで誕生した13階建156戸の賃貸マンション。内部は「ライフスタイルや個性を表現する器」として、あえて主張せず、普通とも思える形やデザインの中に、空間が本来持っている力をひきだして、見る人や使う人に豊かさを感じさせる住まいを目指しました。住戸内に柱の無い「無柱空間」を全戸に実現し、正形な内部空間を作り出したことで、プランの自由度を高め、コンパクトながらも様々な入居者ニーズに対応した全14タイプの時代に左右されないシンプルな住まいを作ることが出来ました。

プロデューサー

伊藤忠都市開発株式会社 総合開発事業部長 甲本 佳徳

ディレクター

安藤建設株式会社 井上 慶一+伊藤忠都市開発株式会社 中倉 伸子

利用開始
2007年12月3日
販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都墨田区錦糸町1丁目5番1

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

歴史ある北斎通りの街並みに共存し、周辺のイメージ向上に貢献する外観デザイン。また、単身者及びDINKSのニーズに対応した「ライフスタイルや個性を表現する器」としての住まいを実現するため、コンパクトながらも全住戸内から柱を無くした「無柱空間」とし、正形でプラン自由度の高いゆとりある内部空間を作ること。

デザイナーのコメント

錦糸町の歴史ある北斎通りに当該建物が共存し、街並みのイメージ向上に貢献することを考えました。通りの賑わいに面して店舗部分を大きく取り商店街の活気を高揚すると同時に、近年変わりつつある錦糸町のイメージ良化のために外観は、清潔感のある白を基調としたデザインとしました。また、内部はコンパクトタイプながらも自由度の高い「無柱空間」の住戸フレームとし、生活ゾーニングのバリエーションを数多く用意しました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

住まいに「ライフスタイルや個性を表現する器」としての機能を求めるユーザー

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

自分に合った室内構成を選んで、自分らしい個性を演出する楽しみ。柱のない「無柱空間」とすることで、正形でプラン自由度の高い内部空間ができ、日々の暮らしにゆとりと開放感を与えた。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

まず、店舗とエントランスアプローチの間に大壁を配し、領域を明確に分離しました。また、アプローチには植栽を配して、賑わいから一歩中に入った落ち着きを演出。さらに大きなキャノピーや照明、迫力ある吹抜けのカーテンウォールを採用してシャープで格調高いエントランスビューを構築しました。

その問題点に対し、どのように対応したか

北斎通りに面した立地において、建物1階に設けた店舗の間口を出来るだけ広くとり、町の賑わいに合わせることと、住宅部分のエントランスアプローチに落ち着きのある表情を演出することの両立。

審査委員の評価

柱をユニットの外に出してすっきりしたインテリアと軽快なファサード(南側)を両立させたことが評価された。より大きな間口の北側の主張をよりはっきりさせられたい。

担当審査委員| 難波 和彦   高橋 晶子   手塚 由比   西沢 立衛  

ページトップへ