GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
温水洗浄便座 [シャワートイレPASSO CW-E67, CW-E67QA, CW-E67QB, CW-E65, CW-E65QA, CW-E65QB, CW-E64, CW-E64QA, CW-E64QB, CW-E64T, CW-E64TQA, CW-E64TQB, CW-E63, CW-E63QA, CW-E63QB, CW-E61, CW-E61QA, CW-E61QB, CW-E61T, CW-E61TQA, CW-E61TQB]
事業主体名
株式会社INAX
領域/分類
生活領域 - 住宅設備
受賞企業
株式会社INAX (愛知県)
アイシン精機株式会社 (愛知県)
受賞番号
09B06025
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「いつもキレイで省エネ」快適なトイレを実現するコンパクト&シンプルな温水洗浄便座。PASSOシリーズ3度目のモデルチェンジは、ユーザー要望の高い2つのポイント「キレイ性能・省エネ性能」を進化させた。「キレイ性能」は、接合隙間が無いキレイ便座と、飛沫汚れを防ぐノズルシャッターを採用。便座周りの隙間と凸凹を徹底的に減らして掃除の手間と時間を減らす誠実なデザイン。「省エネ性能」は、省エネ温水シャワーと瞬間暖房便座が水と便座を使う時だけ暖め、使用しない時の待機電力を大幅カット。ユーザーが使わない照明をこまめに消す様に器具が節電を実践してくれる。E67グレードは省エネ達成率170%を実現した。

ディレクター

株式会社INAX 設備事業部 商品開発部 商品企画課 佐野正明+アイシン精機株式会社 デザイン部 部長 橋場昭一

デザイナー

株式会社INAX 設備事業部 商品開発部 商品企画課 中島英博+アイシン精機株式会社 デザイン部 川合禎二

詳細情報

http://www.inax.co.jp/products/toiletroom/toiletseat/passo/

発売
2009年4月1日
価格

89,000 ~ 184,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

トイレ掃除というユーザーの一番の困り事解消を目的に「汚れずキレイ」を実現するため、汚れ易い便座やノズルの隙間や凸凹を徹底的に減らした。また、ユーザーの省エネ意識が高まる中、トイレは住宅内で最も省エネ意識が低い空間である。それを踏まえ、ユーザーに我慢を強いることなく、省エネで快適なトイレを実現するために、使わない時の待機電力を低く抑える省エネ温水シャワーと瞬間暖房便座を採用した。

デザイナーのコメント

多機能へ進み過ぎた旧モデルの商品仕様の轍を踏まえ、目先の派手さや余分なアメ二ティー機能に走らず、ユーザーから真に必要とされている、掃除の手間を省く「キレイ性能」と8割のユーザーが購入動機を持つ「省エネ性能」の充実へ仕様をシフトした。結果、現代ユーザーのライフスタイルにフィットした商品となった。多機能ではなく基本充実へ、派手さではなく真摯さへ、そしてデザインはその目的に相応しい誠実な外観を創作した。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

手頃な予算でトイレ改修や老朽化した便座の取り替えを望むユーザー。特に掃除の手間を減らしたいユーザーやトイレに高い省エネ性能を望むユーザー。【備考】次に買い替えるなら、どの様なトイレが希望かをユーザーヒヤリングしたところ「掃除をラクにしたい」「節電・節水タイプにしたい」と望むユーザーが8割を占めている。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

・「キレイ性能・隙間レスデザイン」により、掃除の手間や時間が減ることで、家事を軽減するだけでなく多忙な現代のユーザーに余暇を生み出す。・「省エネ性能」は、普段通りに温水洗浄便座を使用するだけで、ユーザーの節電意識の有る無しに関係なく節電ができ、CO2削減に貢献できる。・使用時の省エネレベルを色で知らせる「省エネ表示パネル」は、ユーザーへ省エネ意識の醸成を促す。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

あらゆる便器に設置可能な設計とし、今使っている便器部を継続使用できる。コンパクトに作る事で「つくる」エネルギーを削減、省エネ性能向上で「つかう」エネルギーも削減。「もどす」の取り組みは、使用済みリフォーム廃材の回収・再資源化を行う「INAXエコセンター」を開設。設計はそれと連動して分解性と分別性を配慮。主な組み立てはネジ式、樹脂部品には材質表示を行い、マテリアルリサイクル可能率約95%を達成した。

その問題点に対し、どのように対応したか

地球環境課題】節電・節水、長寿命、回収・再資源化などのサステナブルデザインの課題。トイレは一般住宅において、リビング、キッチン、寝室、浴室に比べて最も省エネ意識が低い空間である(*INAX調べより)。世界的規模で低炭素社会の実現が叫ばれる中、トイレの省エネはユーザー側の意識の問題だけではなく、トイレ器具側の温水洗浄便座にも、これまで以上の環境配慮やシステムの提案が求められている。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国各地のINAXショールーム

審査委員の評価

きれいにまとまったデザイン。機能だけでなく無駄なエネルギーをなくし、現代の時代の要請に合っている。便座も座り心地もよくシンプルにまとめてきている。あたりまえのことをきちんとデザインするのは実は一番難しい課題であると思うが、この商品はそれを適確に行っている。

担当審査委員| 北山 恒   赤池 学   五十嵐 久枝   川上 元美   黒崎 輝男  

ページトップへ