GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
洗濯機 [WR-HA139U]
事業主体名
サムスン電子株式会社
領域/分類
生活領域 - 家電機器
受賞企業
サムスン電子株式会社 (Korea)
受賞番号
09B04013
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

WR-HA139Uは、使いやすさを追求したインテリア型ドラム洗濯機である。ドラム部と本体を一体化させることにより、腰をかがめる動作を最少化し、コントロール部には角度をつけて使いやすさをアップさせた。バブルウォッシュ機能は洗剤が衣服につく前に泡状になることで、衣服への洗剤残留を抑える。さらに、水・洗剤・電力を節約し、環境にも配慮できる。また、ドラム内部にダイヤモンドパターンを入れたことにより、洗濯による生地のダメージを抑え、大切な衣類を優しく洗い上げる。ガラス製の四角いドアには多彩なカラーとパターンによるバリエーションがあり、インテリアとしての効果も発揮する。

プロデューサー

サムスン電子株式会社 生活家電洗濯機マーケティンググループ 課長 キム・ジェホン(金宰弘)

ディレクター

サムスン電子株式会社 生活家電デザイングループ 首席 キム・ジョンミン(金楨敏)

デザイナー

サムスン電子株式会社 生活家電デザイングループ 責任 チョン・ヒジェ(鄭喜在)、社員 イ・ジョンヒョプ(李鍾協)、社員 キム・エリョン(金愛蓮)

発売予定
2009年6月10日
価格

126,000 ~ 135,000円

販売地域

国外市場向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

使いやすさに重点を置いたドラム洗濯機の最上級モデルとして、高級感を出しつつ、最小限のコストで多様なモデルバリエーションが可能なようにデザインした。

デザイナーのコメント

洗濯機は使いやすさが最優先されるべき家電製品であるという信念のもと、デザインをした。今回は使いやすさだけでなく、住宅事情にも配慮して、インテリアとしての要素も盛り込んだ。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

韓国におけるドラム洗濯機の最上級モデルの購入者として、韓国市場の35?50歳ぐらいのの中・上流階級を想定。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

手間のかかる家事の中のひとつである洗濯を、より簡単に行えるよう工夫しただけでなく、洗濯機が居住空間の中心であるキッチンやサブ・キッチンに併設される近年の韓国のトレンドを受け、室内環境と調和するインテリア家電としての美観にも配慮した。使用性とデザインに優れた高級家電として、使用者の所有感を満たし、より豊かな生活を演出する。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

バブルウォッシュ機能を提案することにより、洗剤・電力の節約のみならず、洗濯物の洗剤残留量を減らして、結果すすぎの水の使用量を減らすことにも成功した。また、本来下部にあるドラム部を本体と一体化させ、腰をかがめる動作を減らし、操作しやすいようにデザインした。

その問題点に対し、どのように対応したか

環境に配慮した最上質の洗濯機を提案するにあたり、最も重要な課題である「5つの最小限」、すなわち、使用者の手間・洗剤使用量・水使用量・衣類へのダメージ・騒音を最大限にカットすることに注力した。また、近年の韓国の住宅事情を考慮し、技術だけでなくデザインでのアプローチも試みた。

審査委員の評価

生活の中心であるキッチンやサブキッチンに設置されることを考慮し、フレームとパネルという構成でインテリアエレメントとしての造形化を図った。パネルの開閉ハンドルを側面に配置して前面パネルの要素を徹底的に整理するなど、意欲的なデザインへの取り組みが評価された。

担当審査委員| 澄川 伸一   安積 朋子   原 研哉   廣田 尚子   山本 秀夫  

ページトップへ