GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
電動歯ブラシ [オムロン音波式電動歯ブラシ メディクリーン HT-B550/551]
事業主体名
オムロン ヘルスケア株式会社
領域/分類
身体領域 - 健康・ケア・介護用品
受賞企業
オムロン ヘルスケア株式会社 (京都府)
受賞番号
09A02004
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ブラッシング中の歯ブラシの角度を検知して歯磨き部位を認識し、側面と歯周ポケット付近、噛合せ面の部位別にそれぞれ最適な毛先の動きを自動的に切替える業界初(※)の電動歯ブラシ(※当社調査)。歯茎を傷めず、効果的に歯垢を除去するには、ブラシの毛先を軽く歯にあて細かく動かす「毛先みがき」と、部位にあわせた「みがきわけ」が有効であると歯科医が推奨している。本製品は当社独自の「毛先スウィングテクノロジー」と、3D加速度センサによる自動切換機能を搭載することにより、「毛先みがき」と「みがきわけ」を実現し、S字に湾曲した独自のデザインにより、みがきにくい奥歯にも届きやすくなっている。

プロデューサー

オムロン ヘルスケア株式会社 商品事業統轄部 健康商品事業部 部長 寺田隆雄

ディレクター

オムロン ヘルスケア株式会社 商品事業統轄部 デザインコミュニケーション部 部長 小池禎

デザイナー

株式会社シィクリエイティブ デザイナー 重野貴、クリエイティブエンジニア 安達和也

詳細情報

http://www.omronhealthcare.co.jp

発売
2009年6月1日
販売地域

日本国内向け

問い合せ先

オムロン ヘルスケア株式会社 オムロン お客様サービスセンター
Email: kenkoweb@omron.co.jp
URL: http://www.healthcare.omron.co.jp

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

最近の研究により、歯周病原細菌による全身疾患のリスクが注目されてきており、プラークコントロールの重要性がますます高まってきている。そこで誰でも簡単に歯科医の推奨する歯磨きができる機能を備え、効率的にプラークコントロールのできる電動歯ブラシとすることによって口腔内環境の改善と全身疾患のリスクを軽減することを目標とした。

デザイナーのコメント

電動歯ブラシ市場の中でも一万円以上という高価格帯に商品を投入するにあたり、オムロンが考える音波歯ブラシの理想像を具現化することが求められた。口腔内の健康を保つためには、正しいブラッシングによる正しいケアが欠かせない。ユーザーに正しいブラッシングを促し、効率的に歯垢を除去するためのカタチと機能。これらを実現するために、ハードウェアとソフトウェア、両面からのアプローチを試みた。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

歯周病の予防・対策をしたいと考えている40歳代以上の男性・女性

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

歯磨き部位を認識し、最適な毛先の動きに自動的に切替える3D加速度センサを搭載することにより、歯周ポケットのケアとして歯科医が推奨する「45度みがき」と、部位に合わせた「みがきわけ」をナビゲート。誰でも簡単に理想的なオーラルケアが実現できる。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

歯周病を予防するには歯面と歯周ポケット近傍のプラークコントロールが重要であり、それぞれの部位に最も効果的なブラシの毛先の動きを自動的に選択する電動歯ブラシとした。具体的には噛合せ面では振動数の速い歯垢除去効果が最も高い縦振動を、歯周ポケット近傍では毛先が歯周ポケットに入り込む縦振動を、側面では振動数は遅く低刺激でありながら歯垢除去効果が確保できる横振動で選択動作し、効率的なプラーク除去をおこなう。

その問題点に対し、どのように対応したか

歯周ポケットができたり、歯石の沈着が見られるといった、歯ぐきに問題を抱えている人は日本人の4人に3人にのぼり、35%以上の人に4mm以上の歯周ポケットができている(厚生労働省調べ)。最近の研究では歯周病は動脈硬化や生活習慣病との関連も指摘されてきており、これらの疾病の予防の観点からも口腔ケアの重要性が高まっている。

審査委員の評価

3D加速度センサによる「みがきわけ」の自動切替機能の搭載と本体の独自のS字フォルムによる技術とデザイン両面からのアプローチが、ユーザーに正しいブラッシングを促し理想的なオーラルケアを追求している。

担当審査委員| 左合 ひとみ   岩崎 一郎   長濱 雅彦   船曳 鴻紅  

ページトップへ