GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|ロングライフデザイン賞

受賞対象名
ファクシミリ [Muratec F-240 / F-250]
事業主体名
村田機械株式会社
分類
ロングライフデザイン
受賞企業
村田機械株式会社 (京都府)
受賞番号
08L01018
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

スモールオフィスを想定し、電話としての機能も兼ね備えたビジネス用感熱ファクシミリ。原稿トレイとなるパネルカバーは通常ダスト防止カバーとして、煩雑なスイッチ類を隠し、中心部に設けたラバー製のパッドにて通常の電話に必要なキー類がレイアウトされています。カバーを開けたときは、多機能なファクシミリマシーンに変身し、ビジネスで利用する機能ボタンがレイアウトされています。閉めたときは電話機、開けたときはファクシミリマシーンとして利用できる構造となっています。更に壁掛けも対応しておりスペースに制約のあるオフィスでも設置の自由度を高めました。

プロデューサー

村田機械株式会社 情報機器事業部 商品企画室 商品企画チーム 課長 福井知史

ディレクター

村田機械株式会社 情報機器事業部 技術管理グループ デザインチーム リーダー 本吉浩一

デザイナー

村田機械株式会社 研究開発本部 デザインチーム リーダー 高田佳直

詳細情報

http://www.muratec.jp/ce/products/pi_office/f250/index.html

発売
1996年10月30日
価格

198,000円

販売地域

日本国内向け

設置場所

企業内事務所

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

ボタンの煩雑さを抑えて、スペースに制約のあるオフィスや一般消費者の目に付く商店の店頭等での使用性を考えたデザインを追求。FAX利用時に原稿トレイとなるパネルカバーは通常ダスト防止カバーとして、中心に設けたテンキー部のみがパネルカバー上から操作可能な構造となっている。この構造により普段はシンプルな外観で違和感無く通話できるデザインとし、FAX利用時には機能を損なうことなく使用できる製品を目指した。

デザイナーのコメント

この商品の位置する、ビジネス用ファクシミリのカテゴリーでは、コストや最新の機能が最優先され、結果として趣の無い無機質な「機械」の顔になってしまうことが多い。そんなビジネス機の中にあって、使用者が傍に置きたい商品を目指し、デザイン提案型の商品開発で出来上がったのが、この商品である。結果として、シンプルなデザインと独自の商品コンセプトは、長きに渡ってユーザーの支持を受け続ける事となった。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

スペースに制約のあるスモールオフィスや一般消費者の目に付く商店の店頭等で、通常は電話機として違和感無く使用でき、必要時には多機能なビジネスファクシミリとしての機能を損なうことなく使用できる商品を目指した。機器本体の小型化も当然ながら、設置範囲を広げるために、壁掛けの対応も可能とした。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

ビジネス用ファクシミリとしての多機能性を備えながら壁掛けにも対応した省スペース性と、普段は電話機として違和感無く使える程にシンプルな外観は、設置場所を選ばず、一般消費者の目に付く商店の店頭等にまで、その用途を大幅に広げた。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

壁掛けに対応した小型で設置場所を選ばない大きさ。使用しない状態では、様々なシーンに溶け込む、シンプルで美しい外観。普段は多機能なビジネス用ファクシミリとしての煩雑さを感じさせず、電話機として違和感無く使用できるデザインに主眼を置いたデザインを目指した。

その問題点に対し、どのように対応したか

ビジネスシーンでの利便性を求め、日々進歩を続けるファクシミリは、高性能化の代償として好むと好まざるに関わらず、多くのスイッチや複雑な操作を使用者に押し付ける事となる。当デザインは、商品の企画段階から、使用者の立場にたった製造者から押し付けない、真に使い易い商品の開発を目指した。

審査委員の評価

シンプルな表情の電話機と多機能なビジネス用ファクシミリの表情の異なる2面性を持ち合わせている。設置スペースに制約のあるスモールオフィスや商店の店先等での使用を想定してデザインされた。無機質で機能本意な機種ではなく、節度有る暖かいフォルムが、傍に有って飽きの来ない電話機能を兼ねた感熱ファクシミリとして、長期にわたりユーザーに指示されている。

担当審査委員| 内藤 廣   川上 元美   黒川 玲   稲葉 賀惠  

ページトップへ