GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

受賞対象名
都市と建築の熱環境設計ツール [サーモレンダー3 Pro]
事業主体名
エーアンドエー株式会社
領域/分類
移動・ネットワーク領域/コミュニケーション - デジタルメディア
受賞企業
エーアンドエー株式会社 (東京都)
受賞番号
08C17011
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

2006年にリリースした屋外熱環境設計ツール「サーモレンダー」は、熱環境を考慮した屋外設計の社会的認知度を高めることに寄与してきましたが、現在深刻化している地球温暖化問題に関しても、多くの設計者が使用する建築CADの側面から貢献する必要があるのではないかと考え、従来製品をバージョンアップしました。サーモレンダー3 Proは屋外熱環境シミュレーションと建物エネルギー計算機能を合わせ持った、非常に独創的な環境設計ツールです。この設計ツールを用いたなら、ヒートアイランド現象の一要因とされる建物被覆の表面温度や、建物が使用するエネルギー量とCO2排出量を設計段階で積極的に検討することが可能です。

プロデューサー

エーアンドエー株式会社 代表取締役社長 内田和子

ディレクター

東京工業大学 教授 梅干野晁+エーアンドエー株式会社 大河内勝司、浅輪貴史+株式会社日建設計総合研究所 山村真司

デザイナー

東京工業大学 中大窪千晶、何江+エーアンドエー株式会社 佐藤和孝、竹口太郎、藤田道文、代田里織、矢野良太、野原武史

詳細情報

http://www.aanda.co.jp/products/ThermoRender/

発売
2008年6月16日
価格

1,575,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

建築で省エネを目指すならば、建物の省エネ設計から、省エネ機器の使用に加え、都市環境・屋外環境もより良くしてゆくことが重要と考えます。窓を開ければ、緑の匂いが風とともに感じられ、四季を楽しみながら生活できることが未来の姿だと思います。私達の目指すものは、サーモレンダー3 Proを設計者に使ってもらい、屋外と屋内の両方の環境に配慮した負荷の少ない、クリーンで美しい都市や建築を創造してもらうことです。

デザイナーのコメント

三次元CAD上で動作する、建築・都市のヒートアイランド対策ツールとして、多くの設計実務者に認知され始めてきましたサーモレンダーを、地球温暖化対策にも貢献できるツールに発展できないかと考え、新たなバージョンを開発しました。屋外熱環境の予測に加え、建物エネルギー消費量やCO2排出量の予測の機能を盛り込んでいます。環境配慮型の都市、低炭素社会の実現に向け、このツールが貢献できることを願っております。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

今までは定量的に把握することが出来なかった樹木や緑化の影響(ヒートアイランド低減効果・室内熱負荷低減効果)をビジュアル・数値の両方を用いて説明することが可能です。もちろん、建築材料(断熱や熱反射ガラス)や建築形状(軒や庇)の違いを比較検討することも可能です。このツールは、設計者などの専門家のみならず、まちづくり・家づくりに参加する全ての人がビジュアルに効果を理解し把握出来ることを想定しています。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

建物が使用するエネルギー量の削減とそれに伴うCO2排出量の削減は、日本のみならず世界的に要請度が高くなっています。しかし、建築分野でエネルギーを語ろうとすると、必ず専門化してしまいます。サーモレンダー3 Proを使うことで、デザイナー達がデザインと環境負荷を確認しながら設計を行えるようになり、環境設計という、デザイナーが踏み込む領域を広げ、より未来志向なチャンスと遭遇できる価値をつくりました。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

技術とノウハウを兼ね揃えた、日建設計総合研究所から建物設備・システムが消費するエネルギー量のデータや計算方法を提供してもらい、課題を解決しました。建物消費するエネルギー量の算出は、各社独自のノウハウで算出するなかで、世界的にも進出している研究所からの技術提供はこのソフトの魅力の1つでもあります。

その問題点に対し、どのように対応したか

サーモレンダー3 Proでは、建物消費エネルギー量計算と建物CO2排出量計算を行うことが出来ます。これは、設定した設備機器等がどれくらいのエネルギー消費量があるかを確認するものです。私達は、これで算出される結果が妥当性のないもの、もしくは現実に即していないものでは意味がないと考えます。妥当性があり、技術的に裏付けのある数値を算出できるかが課題でした。

ページトップへ