GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|中小企業庁長官賞

受賞対象名
光ディスクプロテクター [プロッティー]
事業主体名
叶精工株式会社
領域/分類
移動・ネットワーク領域/情報の移動 - 個人が使う情報機器
受賞企業
叶精工株式会社 (大阪府)
受賞番号
08C13136
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

現在CD DVD ブルーレイの保護はケースか袋タイプしか ありませんが最小の大きさで記録面だけの最小カバーを デザインし製作しました。近年CDからDVD以降へと進化するにあたり光ディスク自身の進化の中で、記録層がラベルより離れる方向へと移動していますが、その事がラベル側からの耐久性を向上させプロテとの組み合わせにより新たな光ディスクの使い方の進化を期待しています。

プロデューサー

叶精工株式会社 代表取締役 加納達也

ディレクター

叶精工株式会社 代表取締役 加納達也

デザイナー

叶精工株式会社 代表取締役 加納達也

詳細情報

http://kanouseiko.com/

発売予定
2008年10月
価格

80 ~ 60円

販売地域

日本国内向け

設置場所

Web上を予定

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

CD-R等の普及で原版は保存しコピーディスクで簡易保存とした形が多くなりました。それでも記録面の保護を考えると机には安易に置けません。丸なので転がり立て掛けることも出来ません。裏返して置くとラベルが解りません。それらの問題全てをクリアしています。又、そのまま棚に立てて並べる事も出来、装着したまま市販のブックケースに収納も可能です。

デザイナーのコメント

シンプルにを心がけ細部にディスクを守る工夫をしています。プロテが直接、記録面に接触しない様に、わずかな空間を作りました。足は大きければ安定も増すのですがブックケースに収めるのに 邪魔になりディスク取り付け時のデザインも崩れるので最小に収めています。又、使用者によっては足が不要な場合も考えられますので 本体より薄い形状としハサミで簡単に切り取れるようにしました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

cd dvd ブルーレイなど光ディスク全般を扱う全ての人を想定。特に製作者自身が趣味で自作パソコンを製作することが有り、机上に何種類ものドライバーCDやソフトDVDを同時に並べることが多く一時置きが出来ない光ディスクには不満が有りました。保存では無く暫定保護を希望する利用者も多いのではと思い製作しました。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

光ディスクはメディア単体としては非常に弱く扱いずらいので 簡単に扱いが出来るようにしました。また出し入れ時に以外と傷が入ってしまう市販ブックケースの補助具としても利用価値があります。立てる為の足が付いていますがブックケースでの使用時では取り出し時、ディスクに触れない為の摘みとしても使用出来ます。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

プロテは最小のプラスチック原料で生産出来、地球環境にも貢献するものと考えます。しかも重ねても薄く収まりメール便で送れる枚数も多く輸送によるCo2削減にも貢献します。使用法では子供でも記録面は、特に大事にしなければならない事が安易に理解出来、傷を防ぐ事が期待出来ます。

その問題点に対し、どのように対応したか

近年光ディスクは価格が下がって安易に使い捨てが出来、大量消費の時代になっていますが、そのケースは未だにかさばるものが多くごみの原因にもなっています。社会的には使用法を理解した大人の道具からゲームや家庭用dvdレコーダの普及で子供も接する機会が多く、傷をつけやすいことが問題でした。使用者によってはプロテだけで間に合う場合も有ると想定され効率的な使用が予想されます。

ページトップへ