GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
住宅 [盾の家]
事業主体名
鬼頭 拓也
領域/分類
生活領域 - 戸建て住宅、集合住宅
受賞企業
アトリエ ルクス 一級建築士事務所 (愛知県)
受賞番号
08A05015
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「盾の家」は、30代前半のご夫婦の為に計画した住宅です。敷地は、愛知県日進市の住宅街にある、間口4.5M、奥行き40M のうなぎの寝床状の敷地です。周辺環境は、住宅、集合住宅が、比較的近接して建ち並び、前面道路は、市内の抜け道となっており、多い時で、1分間に約60台前後の車が往来する道路と接します。そのような敷地にて、開放的で、かつ敷地の狭さを感じない住宅の 実現を目指した。まず、南となる道路に対して、全て斜めの壁(盾1)により閉じた計画とし、集合住宅のある東面に対しても壁(盾2)により閉じる計画としました。また、中庭を2つ設け、光、風、緑を内部環境に取り入れる計画としました。

プロデューサー

アトリエ ルクス 一級建築士事務所 宇佐見 寛

ディレクター

アトリエ ルクス 一級建築士事務所 宇佐見 寛

デザイナー

アトリエ ルクス 一級建築士事務所 宇佐見 寛

宇佐見 寛

詳細情報

http://www.atelier-lx.jp

利用開始
2008年4月11日
販売地域

日本国内向け

設置場所

愛知県日進市

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

近隣の住民との関係性を、完全に隔離して切り離すのではなく、程よい関係性を保て、かつ、必要なプライバシーを確保することを第一の目標とし、内部空間には、敷地の狭さを感じさせない、広がり、デザイン的な工夫、素材、色による広がりを目標としています。

デザイナーのコメント

全てのデザインは華美に装飾することをあえてやめ、基本的には、スクエアを基本としたデザイン構成としている。その幾何学模様が持つ最大の力を構成により引き出すことを重視し、デザインした。全てのデザインと色に意味、コンセプトが含まれていて、全てが調和した時、この住宅は、最大の力を発揮するよう細部まで、検討を した。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

クライアントである30代夫婦家族はもちろん、近隣への関係性も深く検討した住宅であるため、近隣の人々も含まれるものとして、想定している。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

従来の住宅の概念を新しく提案し、住宅のあり方を、クライアント、近隣の人々に投げかけ、これからの人と人との繋がり方を、うまく実現できた。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

盾の壁によって囲まれる計画のため、隣地に対しても、クライアントに対しても閉鎖的になる為、大きさの異なるスクエアの開口を、ランダムにとることによって、お互いの存在を消しあわないよう解決した。また、その中で、省電力を図るために、素材、色により、自然光の 間接光の利用を実現した。また、外部を細かく挿入することにより 、風の抜けを検討し、日本の四季に耐えうる住環境を実現した。

その問題点に対し、どのように対応したか

限られたスペースの中で、人間が暮らしていくことを模索し、最大限、そこに住む人々が、心豊かになる空間を創りだすことが最大の課題であった。また、狭小の敷地ならではの、明るさの不足による 電力による負担、日本の四季に耐えられない住環境になることが予想され、全てが課題となった。

審査委員の評価

うなぎの寝床の特徴である「長さ」を活かしたデザイン。書庫のみちが動線空間を楽しく演出している。本と人の関わりが時に応じていろんな滞留を生み出すだろう。外部と内部のバランスがよい。

担当審査委員| 難波 和彦   芦原 太郎   高橋 晶子   手塚 由比  

ページトップへ