GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
工業畳表 [セキスイ畳表『美草』/セキスイ『フロア畳』/セキスイ床暖房用『小春』]
事業主体名
積水成型工業株式会社
領域/分類
生活領域 - 家具、インテリア用品
受賞企業
積水成型工業株式会社 (大阪府)
受賞番号
08A04075
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

和室は日本文化の要である。天然畳素材は高気密高断熱住宅事情に合わず、結果家屋の結露からカビやダニの発生で人の健康を害するに至った。特に畳表はイ草が主であり3ヶ月程度で黄変し当初の色彩を保てず、吸水、シミ、食材汚れなどによりメンテナンスが困難であることから飲食店などでは『畳離れ』が進んだ。又、住宅においてはカビ・ダニ、朽ちた粉がハウスダストとなりアレルギー疾患、子供の喘息の要因のひとつとなったり、天然イ草表の泥染剤や防虫剤などによる健康障害が多発していた。セキスイ「美草」はこの課題を解決する3大特徴を有します。

プロデューサー

積水成型工業株式会社 取締役延伸事業本部長 中鋪修二

詳細情報

http://www.sekisuimigusa.jp/

発売
1991年3月1日
価格

18,000円

販売地域

日本国内向け

問い合せ先

積水成型工業株式会社 延伸事業本部
Email: tatami@sekisuimigusa.jp
URL: http://www.sekisuimigusa.jp/

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

イ草に代る畳表の商品化は不可能と言われたが、丈夫で長持ちの畳表を作る事に苦慮した。 1. イ草の風合いと弾力性に7年→20μテープ製膜技術+皮層成型イ草スポンジ繊維。 2. 5年は変化しない畳→太陽光、蛍光灯に耐える色彩保持の配合処方の確立  3. 既存畳店で製作可能な品質の確立→畳文化の伝承はやはり全国の畳店。新素材「美草」を畳職人と共に広める活動に注力した。

デザイナーのコメント

『畳文化なくして日本文化はなし!』 -----茶道・華道・柔道-------- <<<文化の継承>>> 私たちが目指したものは、高度な樹脂加工技術が織り成す古来伝統との『融合』と『進化』です。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

住宅設計士や工務店、大手住宅会社は、畳資材にも設計通りの品質保証を求めていた。和室にある畳の不具合は非常に多くその殆どが畳職人に頼らざるを得なく潜在化していた。伝統という隠れ蓑で価格、品質、納期が不明瞭な事が、顧客への不信となっていた。又、全国の温泉地のホテル旅館に於も丈夫で長持ちする畳が求めていた。当社は伝統文化の継承とその活性化の為に、この多くの問題点を「美草」の技術力と品質で解決に導いた。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

変色しにくい丈夫な畳「美草」は、天然イ草にくらべ3?5倍長持ちする。一般住宅やホテル旅館での施工工事費用や日程にも調整メリットがある。又この美草を使った「フロア畳」(半畳置畳)は、カラフルな品揃えで洋間にもフィット。長期保管でもカビの心配がない。床暖房システムに施工される「小春」畳は昇降温度の繰り返しに於いても天然イ草のように朽ちることもなく、又、暖ったか感がある。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

住宅産業は絶えることはないが和室は減少の一途である。そこで洋間にも和風感覚を求める和洋折衷の「美草」カラーが注目された。天然イ草にも色物は有るが色染めのため触れると色移りがある。当社は毎年2色に限定で、専門家デザイナーによる厳選色を決し、モニター販売を通じて地道に育て上げた事により、製品バリエーションのそれぞれが天然イ草を超える自然感を生み出している。

その問題点に対し、どのように対応したか

畳の廃棄処理は有料である、又焼却処理は禁止されている。イ草畳に比べて3?5倍長持ちするなら畳替えの頻度が減り環境にやさしい。平成16年日本防炎協会の防炎性能試験適合品を発売、美草は火災発生時でも全く有毒ガスが出ない。平成18年“人と環境に優しく安心安全の商品”を推奨する日本アトピー協会認定品。現在畳表の70%以上が中国輸入品で供給不安と素材の安全性に課題があり国内生産も減退の一途である。

審査委員の評価

近年益々「畳」の良さを知りつつも、目にする機会が減っている現状を大変残念に感じている。耐久性、防汚性、防炎性、アレルギー対策などハードルをクリアすることで需要が増えてゆくを期待したい。また、新しい畳としての美しさも加わり、新たな評価を得る機会として欲しい。

担当審査委員| 益田 文和   赤池 学   五十嵐 久枝   黒崎 輝男  

ページトップへ