GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
インテリアレール [カサール ウォールスタイル]
事業主体名
アトムリビンテック株式会社
領域/分類
生活領域 - 家具、インテリア用品
受賞企業
アトムリビンテック株式会社 (東京都)
受賞番号
08A04064
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

室内用壁面収納システム。専用ブラケットで壁面と本体レールの間にスペース(3cm)を確保して固定し、それを基本形態とする。そのスペースを利用して収納ボックスや棚、フック等の専用パーツを自由に取付け、各空間の生活スタイル・用途に合わせ使用することが出来る。全パーツにおいて正面からの後付け式の為、施工後の取付け・取外し、交換が容易に行なえる。

プロデューサー

アトムリビンテック株式会社 代表取締役 高橋良一

ディレクター

株式会社GKインダストリアルデザイン 取締役 阿久津雄一

デザイナー

株式会社GKインダストリアルデザイン 第2デザイン部 松本学、田辺めぐみ

デザイナー:松本 学

詳細情報

http://www.atomlt.com/casarl/

発売
2008年2月8日
価格

10,000 ~ 50,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

<住空間において主役はあくまでも空間であり人である> <家具や金物はそれらを引き立てる脇役であって欲しい> 住まわれる方の思いやこだわりを美しく飾りながら収納する。メインレールは機能溝を裏面に設け、壁面3cmを浮遊するシンプルなアルミの帯をイメージした。多彩なパーツ類は組合わせにより空間の機能性を高め、ユーザーの空間創造性をサポート。またオフィスや商業空間等への展開も視野に入れ4mのレールも用意。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

インテリアへの関心度の高い一般ユーザーや設計士。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

基本となるレールが共通で使えるので、インテリアののコーディネートがしやすく、住空間全体がセンス良く統一された印象の部屋にできる。またユーザーのアイデア次第で自由にパーツを組み替える事ができ、壁面は機能性や表情を変えて、個々のライフスタイルにジャストフィットできる。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

基本パーツの材質をアルミ押出し材とし、構成される部材の共通化を図る。

その問題点に対し、どのように対応したか

環境汚染やリサイクル性を考慮した素材の選定。

審査委員の評価

シンプルな形状は、床の間の違い棚を思い起こさせる。単に収納するだけではない、めでて楽しむ、現代的な飾り棚として、モダンな日常生活をかたちづくるパーツとなるであろう。

担当審査委員| 益田 文和   赤池 学   五十嵐 久枝   黒崎 輝男  

ページトップへ