GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
スツール [sansa stool]
事業主体名
株式会社宮崎椅子製作所
領域/分類
生活領域 - 家具、インテリア用品
受賞企業
株式会社宮崎椅子製作所 (徳島県)
受賞番号
08A04006
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

徳島県の椅子専門工場、宮崎椅子製作所製作によるスツールです。椅子作りの技術と経験をデザイナーと関り工場独自の工法を開発しながら工場特有のものづくりを展開しています。そして今回もジョイント部分等に特有の技術を生かし、スタッキング性能をもちながら座面をひねる事で着座性能と強度を確保したスツールが出来上がりました。

デザイナー

小泉誠

小泉誠

詳細情報

http://www.tv-naruto.ne.jp/miyazaki/

発売予定
2008年8月1日
価格

24,000 ~ 30,000円

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

工場特有の技術を生かした製品作りのもと、生活環境に順応した機能と性能。

デザイナーのコメント

製造者とのワークショップスタイルでの椅子作りを続けています。製造担当者との関りの中から優れた技術も生まれ、製造担当者自らも自発的なデザイン開発作業を進める環境が出来つつあります。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

椅子テーブルと言うダイニング環境に、サブ的に座る環境をつくる道具として、家庭内での人の出入り多い(来客等)生活意識の高い利用者を想定し高い技術を駆使しています。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

サブ的に座る環境をつくるスツールですから、座らない環境での美観と収納性を意識し、暮らしのアクセントになると思う。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

技術と構造的形状を突き詰める事で素材の量を減らす事ができた。

その問題点に対し、どのように対応したか

素材、性能、デザイン、など全ての意識で長い年月を使って頂く事を目標にしている。

ページトップへ