GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
節水シャワーヘッド [エコラインオリジナル節水シャワーヘッド]
事業主体名
エコライン株式会社
領域/分類
生活領域 - 家庭用品
受賞企業
エコライン株式会社 (秋田県)
受賞番号
08A02034
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

流量を何段階にも調整できる節水バルブをハンドルの根元に組み込んだシャワーヘッド。節水バルブで流量を減らしているにもかかわらず、水の出口であるシャワー盤の独自設計により、勢いのある流速と快適な体感が得られる。これまで導入実績のある福祉施設や医療機関だけでなく、質的要求度の高いホテルや一般消費者に対しても販売できる交換用シャワーヘッドとして開発した。何段階にも調整できる節水バルブは、地域ごとに異なる水圧への対応や、顧客の望む節水効率へのきめ細かな対応ができ、また階層によって水圧が異なる古い水道設備を持つ中高層の建築では、各階均等なシャワーの流速を保つよう調整することができる。

プロデューサー

エコライン株式会社 会長 加藤 洋

ディレクター

有限会社オッティモ 代表取締役 山本秀夫

デザイナー

有限会社オッティモ 山本秀夫、坂本啓悟

詳細情報

http://www.eco-line.co.jp

発売
2008年7月1日
価格

15,750円

販売地域

日本国内向け

問い合せ先

エコライン株式会社 営業管理部
Email: welcome@eco-line.co.jp
URL: http://www.eco-line.co.jp

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

・少ない流量であっても快適な体感を提供するための機構の実現。(シャワー盤の吐水孔を外側配列の径は小さく、内側になるほど径を大きくする設計) ・石けんのついた手でも滑らずしっかりグリップできる機能的な形状。・高級ホテルへの採用や、質的要求度の高い一般消費者への販売を目指した高品位なデザイン。

デザイナーのコメント

ホテルや個人住宅等の高品位な浴室空間に適応するシンプルで洗練された造形を目指した。おにぎり型のハンドル断面は、石けんのついた手でも滑らず持てる。ストレートなハンドルと大きく薄いヘッドを、既設のフックに掛けても適切な放水角度になるようつなげるため、ハンドルの付け根を大きく切り取っている。その結果現れる襟元のラインを美しく整えるため、切り取る角度とおにぎりのかたちの調整には長い時間をかけた。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

ホテル等宿泊施設の経営者・利用客、医療施設、福祉施設の経営者・スタッフ・入居者、一般消費者。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

宿泊施設であれば、経営者が客室の品位と宿泊客の満足度を損ねることなく節水(経費の節減)を実現できたこと。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

応募対象は、オリジナルの何段階にも調節できる節水バルブを組み込んでおり、未装着のシャワーヘッドにくらべて各段階で約30%?50%の使用水量の低減をもたらした。

その問題点に対し、どのように対応したか

宿泊施設や公共施設など、エンドユーザーが光熱水道代を気にしなくてよい環境では、とかく資源が無駄に使われることが多い。こういった施設には、利用者の使い勝手や使い心地を犠牲にすることなく節水を実現する器具が必要であった。

審査委員の評価

ホテルなどの商業施設で節水をする、という環境に対して少なくないインパクトを与える可能性のある改善を、できるだけスタイリッシュに軽快にやる。しかも流速を保ち、体が感じる快適さを損ないたくない。開発の意図は明快で、デザインもそこにぴったりと寄り添い、求められる完成度を細かい配慮で達成している。エコ商品にこういった高品位の質感を残し、もっと多くの見た目を気にするユーザーへ自然な「転向」をうながすことは、今後デザインの果たす重要な要素になっていくのではないかと思う。

担当審査委員| 長濱 雅彦   安積 朋子   大島 礼治   サイトウマコト  

ページトップへ