GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
携帯電源装置 [非常用ポータブル電源 KPS-L1]
事業主体名
三洋電機株式会社 モバイルエナジーカンパニー
領域/分類
生活領域 - 家庭用品
受賞企業
三洋電機株式会社 (大阪府)
受賞番号
08A02010
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

三洋電機が目指すクリーンエナジーライフスタイルを具現化したAC100Vを有する業界最小・最軽量の携帯電源(2007年8月29日時点、当社調べ)。リチウムイオン電池搭載でAC100V機器では約1時間、USB機器は約18時間(2ポート同時使用)の使用が可能。場所をとらないコンパクトボディ。横置きだけでなく縦置き設置や肩掛け(ベルト装着)も出来るのであらゆるシーンに対応する。停電時にはスポットライトや操作ボタンが点灯する常備灯機能があり、暗闇での操作性も考慮している。

プロデューサー

三洋電機株式会社 モバイルエナジーカンパニー カンパニー長 伊藤正人

ディレクター

三洋電機株式会社 マーケティング本部 アドバンストデザインセンター モバイルエナジーデザイン部 モバイルエナジーデザイン課 課長 小田慎二

デザイナー

三洋電機株式会社 マーケティング本部 アドバンストデザインセンター モバイルエナジーデザイン部 モバイルエナジーデザイン課 河上聖一

発売予定
2008年10月10日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

地球環境に配慮したクリーンエネルギー社会の実現と、利用者の身近な生活の中で環境問題への「気づき」を与える、次世代の新しいライフスタイルの提案が目標。当社の誇る充電制御により、信頼性の高いAC100VとDC5Vの2WAY出力が可能な携帯電源を、業界最小・最軽量で実現。あらゆる電源使用シーンで、誰もが使いやすく有用性の高い商品デザインを行った。

デザイナーのコメント

地球環境に配慮したクリーンエネルギー社会の実現と、消費者の身近な生活の中で環境問題に気づきを与える事ができるプロダクトとは何かを考えたデザイン。使い捨てないくり返し使えるリチウムイオン電池を搭載し、AC100VとDC5Vの2WAY出力が可能な携帯電源を、業界最小・最軽量で実現。あらゆる電源使用シーンにおいて誰もが使いやすく合理性のあるシンプルなデザインを行った。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

小型で携帯できるバックアップ電源というキーワードで安全、手軽に誰でも使用できる事から、消防救急、自衛隊、山岳救助などの災害緊急現場から、業務用や、一般家庭の簡易電源装置としてまで幅広い利用者を対象とした。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

幅広い利用者の身近な生活の中に環境問題への「気づき」を与える「クリーン、静かで安全、繰り返し使えるAC100V携帯電源」を提案した。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

地球環境の視点から使い捨てないくり返し使えるリチウムイオン電池を搭載することで地球環境の視点の問題と使用条件の拡大につなげる課題解決とした。

その問題点に対し、どのように対応したか

地球環境の視点から、今まで一般的にAC100V用携帯電源として使われてきたエンジン式やカセットガス式の発電機において、排気ガスや騒音の発生、燃料引火の危険、また燃料枯渇における問題と、処問題に伴う使用環境、使用シーンの条件限定を無くす事を解決すべき課題とした。

審査委員の評価

リチウムイオン電池搭載、弁当箱程度のサイズのコンパクト電源装置。100V機器では約1時間、USB機器では約18時間(しかも2ボート)使用が可能な優れものである。停電時のスポットライト機能も生活者目線でいい。特に急な災害に対する備えとして、携帯電源を待ち望む声は年々高まっている。価格面など、今後更なる進化をすることで、災害ボランティアのように活躍が期待できる。ぱっと見ただけで電源装置であることが分かる、記号的意味付けも今後は必要だろう。

担当審査委員| 長濱 雅彦   安積 朋子   大島 礼治   サイトウマコト  

ページトップへ