GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
充電式カイロ [エネループカイロ KIR-SL1S(S), KIR-SL1S(K) “エネループユニバースプロダクツ”]
事業主体名
三洋電機株式会社 モバイルエナジーカンパニー
領域/分類
生活領域 - 家庭用品
受賞企業
三洋電機株式会社 (大阪府)
受賞番号
08A02008
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

地球環境に配慮したクリーンエネルギー社会実現を目指す製品群“ eneloop universe products ”の世界観を広げる充電してくり返し使う“使い捨てない”カイロ。必要に応じてオン、オフして使用可能。年間約14億枚消費されている使い捨てカイロに対して、付属の単3形ニッケル水素充電池「eneloop」2本を使用し約1000回くり返し使える。全面アルミ筐体を採用。手のひらで包み込む事で指先や両手を温める事が可能。PTCヒーターとマイコン制御による高精度な温度制御により、低温やけど防止に配慮。

プロデューサー

三洋電機株式会社 モバイルエナジーカンパニー カンパニー長 伊藤正人

ディレクター

三洋電機株式会社 マーケティング本部 アドバンストデザインセンター モバイルエナジーデザイン部 モバイルエナジーデザイン課 課長 小田慎二

デザイナー

三洋電機株式会社 マーケティング本部 アドバンストデザインセンター モバイルエナジーデザイン部 モバイルエナジーデザイン課 チーフデザイナー 能見拓男

チーフデザイナー 能見拓男

詳細情報

http://www.sanyo.co.jp/eneloop/

発売
2008年10月10日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

地球環境に配慮したクリーンエネルギー社会実現に貢献する為に、消費者の身近な生活の中で環境問題に気づきを与えること。

デザイナーのコメント

消費者の身近な生活の中で環境問題に気づきを与える事ができるプロダクトとは何かを考えてデザインした。購買意欲につながり、所有する事に喜びを感じるシンプルで高品質なデザインを目指した。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

・10?60代の幅広い年代層。特に環境意識の高い人。eneloopを使用している、または興味を持っている人。・通勤、通学時の短時間使い捨てカイロユーザー。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

・使い捨てカイロと比較し、くり返し使えるので環境にやさしく、経済的。・必要に応じてオン、オフして使用可能なので短時間使用可能。・PTCヒーターとマイコン制御による高精度な温度制御により、低温やけどに配慮。・スイッチを入れると素早く温もるクイックウォーマー機能。・スイッチオフ後、LEDによる電池残量表示。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

充電してくり返し使え、必要に応じてオン、オフして使用可能な“使い捨てない”カイロを提案。

その問題点に対し、どのように対応したか

年間約14億枚消費されている使い捨てカイロに対して、循環型社会(リデュース、リユース、リサイクル)の観点から解決する必要があった。

審査委員の評価

昨年受賞した商品がさらにユーザー視点から進化、改良され、低音やけど防止など機能面の向上がみられた。この商品を介して消費者が知らされることは、使い捨てカイロが実に年間14億枚消費されているという事実である。そういった意味でこの商品が評価されるべきところは、実性能うんぬん以前に、地球環境に対するメッセージ性をもっていること。モノのレベルを超えた情報価値のデザインと言えまいか。

担当審査委員| 長濱 雅彦   安積 朋子   大島 礼治   サイトウマコト  

ページトップへ