GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
パークゴルフ ボール [アポロボールD3 PGG156]
事業主体名
株式会社アシックス
領域/分類
身体領域 - 趣味やスポーツに用いられる道具・機器
受賞企業
株式会社アシックス (兵庫県)
受賞番号
08A01069
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

パークゴルフ競技においてボールには飛びと方向性を含めた打撃性能、視認性の向上が求められます。本ボールは中空構造で且つ中空内面を多面体によるトラス構造(三角形を組み合わせた構造)で構成することで、飛びの向上を実現させました。さらに透明樹脂で構成することにより太陽光をボール内部に取り込み、その光を内面の多面体で反射させ、外に出すことにより、ボール自体を光らせ、遠くからでも見つけやすいよう視認性を向上させました。

プロデューサー

アパレル・エクィップメント統括部 エクィップメント企画開発生産部 部長 内藤 幾雄

ディレクター

アパレル・エクィップメント統括部 エクィップメント企画開発生産部 レクリエーションチーム マネジャー 田中 昌幸

デザイナー

アパレル・エクィップメント統括部 エクィップメント企画開発生産部 レクリエーションチーム 橋本 隆一

詳細情報

http://www.asics.co.jp/products/recreation/index_Y2.html

発売
2008年2月1日
価格

2,310円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

これまでにない構造で飛びと方向性を向上させること、また透明樹脂を使用して太陽光をボール内部に取り込み外に出すことで視認性を向上させることを目標としました。

デザイナーのコメント

芝のパークゴルフ場に映えるボールの開発を目指しました。外部の太陽光をボール内部に取り込み、自然と光らせるよう様々なアイデアを出して実現したのが今回のボールです。店頭だけではなく、芝の上で使用し、その良さを実感していただきたいと思います。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

使用者・利用者はパークゴルフ愛好者。パークゴルフは北海道を中心としたスポーツで60歳以上の高齢者が主体である。高齢のため、視力の低下は避けることができず、より視認性の高いボールが望まれています。また、女性を含め力の弱い方が多いため、100mの距離を飛ばそうとすると力んでミスショットになり危険な打球になることが多く、軽く打って飛ぶボールが望まれています。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

高齢により視力が低下された方でも遠くに落下したボールを視認しやすくなり、競技が楽しくなるとともに、ボールをすぐに見つけることが可能で、競技もスムーズに進めることができるようになりました。また、楽に真っ直ぐ飛ばすことができるようになり、力んで打つことが無く、ミスショットが減り、より安全なものとなりました。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

太陽光を利用してボールを光らせることで、明るいスポーツであるイメージを植えつけようとしました。

その問題点に対し、どのように対応したか

高齢化社会に向け、生涯スポーツの重要性は認識されつつあるが、未だ暗いイメージが払拭できていません。用具において明るさが必要とされています。

審査委員の評価

高齢競技者にとって、100メートル先の小さなボールの視認性が向上するのは何よりである。透明樹脂使用の中空構造は青空のもとでは光を取り込んで輝くし、なによりもいきいきとした明るさを感じとりスポーツ出来る事が良い。内部トラス構造で増したと言う飛び向上値はユーザーの力量によっても大きく左右されるであろうから、それよりもパークゴルフに親しむ人達がよりいきいきとプレー出来るも楽しさをデザインした所を評価したい。

担当審査委員| 左合 ひとみ   井上 斌策   岩崎 一郎   川島 蓉子  

ページトップへ