GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
キャンプ用ストーブ [ギガパワーLIストーブ メタルクラブ]
事業主体名
株式会社スノーピーク
領域/分類
身体領域 - 趣味やスポーツに用いられる道具・機器
受賞企業
株式会社スノーピーク (新潟県)
受賞番号
08A01053
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

不正地で使用される分離型ストーブでは、脚は3本が安定する、しかし調理の鍋の安定を考慮すれば、4本のゴトクが有利となり、構造的に矛盾が生じる。この新しいストーブでは不正地に適した3本の脚に、6本の小型ゴトクで、4本ゴトクと同等の安定性を確保した。収納では弊社の小型調理用鍋に、小型ガスカートリッジと本体が収納できる新たなフォールディング機構を設計開発。燃焼中にガスカートリッジ内の気化による冷却が起きず、寒冷時でも火力が連続し安定する液出し方式を採用しながら、過去の液出し方式では不可能だった、極小弱火が可能となった。

プロデューサー

株式会社スノーピーク 代表取締役社長 山井太

ディレクター

株式会社スノーピーク 代表取締役社長 山井太

デザイナー

株式会社スノーピーク 開発部開発課 新居典博

詳細情報

http://www.snowpeak.co.jp/newproducts/2008/02newproducts.html

発売
2008年4月26日
価格

15,540円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

耐風性と調理時の使用感ともに安定感のある分離ストーブでありながら、収納性が高く、火力コントロールが容易な燃焼機構の開発。

デザイナーのコメント

アウトドアにおける燃焼器具、とりわけストーブでは、この10年間他社においても、新たなシステムやデザインが提案されたことは少なかった。今回のストーブでは、燃焼システムや収納構造といった部分でも、新しい方向性が提案できたと考えている。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

登山者、又は寒冷時にもアウトドアを楽しむキャンパー。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

高い収納性と調理時に安定した脚部とゴトクと、安定し連続して使用可能な火力。

審査委員の評価

不正地での脚の安定と調理の鍋の安定を矛盾なく両立させる、独自の構造を開発している点が画期的。さらに、小型収納ができる機構の開発や極小トロ火を可能にする火力調節機能といった試みにより、ユーザーにとっての様々な問題解決を積極的に行っていく姿勢も高い評価に値する。

担当審査委員| 左合 ひとみ   井上 斌策   岩崎 一郎   川島 蓉子  

ページトップへ