GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
釣竿 [OROCHIシリーズ]
事業主体名
メガバス株式会社
領域/分類
身体領域 - 趣味やスポーツに用いられる道具・機器
受賞企業
メガバス株式会社 (静岡県)
受賞番号
08A01048
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

加重をかけるほどに、強靭なねばり腰を発揮するハイトルク・パワーブランクス。パワフルなトルクフィールは、このロッドのために開発した 「DNAアラミドコンポジットグラファイト」 によるものだ。グラファイト繊維に対し、高引張耐久性ケブラーを混成したブレイデッドカーボン繊維を45角度でレインフォース。それらを、DNA構造の螺旋カーボンでスパイラル・コンポジット。低荷重時には 「快適なキャストフィール」と「ロングキャスタビリティ」 を実現。ユニバーサルロッドとして幅広いルアー対応領域とルアーコントローラビリティを具現化した。

プロデューサー

伊東由樹

ディレクター

伊東由樹

デザイナー

伊東由樹

詳細情報

http://www.megabass.co.jp/product_list.php?item1=1&item2=1#1338

発売
2005年5月20日
価格

29,800 ~ 58,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

今までのハイパワーロッドは太くゴツくデザインされ、取り回しが不便であったり、単純にパワーのみを求めたためにルアーを扱いにくかったりしたものが多かった。ハイパワーロッドの使用状況を考えると「快適なキャストフィール」と「ロングキャスタビリティ」、幅広いルアー対応領域が不可欠である。

デザイナーのコメント

従来の大物釣りロッドは、重いルアーの扱いに特化しすぎていた。そのためルアーの適合領域が狭く、一部のルアーでしかそのハイパワーを発揮することができなかった。OROCHIは今までの大物釣りロッドに圧倒的にかけていた、ユニバーサルロッドとして幅広いルアー対応領域とルアーコントローラビリティを具現化し、新たなハイパワーロッドの世界を提案している。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

従来の大物釣りロッドは、重くゴツく太くデザインされていた。そのため釣場での徒歩移動の際、機動性を損なう原因のひとつになってしまったり、また硬く頑丈な中にも必要なしなやかさに欠けているものもあった。また視覚的にも素っ気無いものが多く、所持欲を十分に満たすことはできなかった。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

「DNAアラミドコンポジットグラファイト」製法を開発。これにより大物専用ロッドとしては異例のスマートな細さで、軽量かつ高強度を実現。釣場での機動力を最大限に発揮できるようになった。なお、DNAカーボン製法のシャフトは視覚的にも斬新で、DNAカーボン製法を蛇のトグロに見立て、大蛇の意匠をそこに重ね、新たなハイパワーロッドの世界を提案している。

審査委員の評価

「DNAアラミドコンポジットグラファイト」製法の開発により大物専用ロッド としては異例の細さで、軽量かつ高強度をあわせ持つ点が評価できる。

担当審査委員| 左合 ひとみ   井上 斌策   岩崎 一郎   川島 蓉子  

ページトップへ