GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ルアー [SIGLETTシリーズ]
事業主体名
メガバス株式会社
領域/分類
身体領域 - 趣味やスポーツに用いられる道具・機器
受賞企業
メガバス株式会社 (静岡県)
受賞番号
08A01044
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

木に止まり鳴き始める蝉。やがて力尽き、水面に落ちる。それを魚が捕食する。そんな自然の姿を連想したSIGLETTシリーズは本物の蝉をしのぐ刺激にこだわった絶妙なサウンドチューニング。共鳴音を生み出すボディが、「ジジコ・ジジコ・・・」と消え入るような渋鳴きを演出。ウイングアタック音を求めてデザインされた「カウルウイング」が生み出す、「タポタポ・・・」音がミックスしてアピールする。さらに、少ない移動距離で「テーブルターン」と「クロールのピッチ」を倍加。微細な振動と波紋を生み出し、おいしさを惹きたてるサウンドと相まって魚を誘います。

プロデューサー

伊東由樹

ディレクター

伊東由樹

デザイナー

伊東由樹

詳細情報

http://www.megabass.co.jp/product_detail.php?keyid=363&item1=1

発売
2007年7月18日
価格

1,600円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

単純に力尽きた蝉に模してしまうと釣果はあまり期待できない。そこで魚を誘う要因のひとつである「音」と「アクション」に注目した。本物の蝉をしのぐリアルな音と羽を水面にたたきつけることで起こるウイングアタック音。加えて少ない移動距離でテーブルターンができることやクロールのピッチを倍加するなどの釣れる要素を盛り込んだ。さらに針をルアー中央に置くことで1フックのフックアップ率を劇的に向上させた。

デザイナーのコメント

穂先を細かく振動させながら落下昆虫を演出して釣る、「バグパターンゲーム」では、移動距離を少なくいかに一点でネチネチアクションさせるかが重要となってくる。SIGLETTにはこのゲームに必要な一点でのアクションに加えて、リアルな蝉時雨サウンドとウイングアタック音が魚を引き寄せるプラスの要因として盛り込まれています。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

最も釣果が上がりやすい夏場、苦労せずとも食べられる水面の弱った昆虫に対し、魚の反応は良い。それゆえ釣人は昆虫に模したルアーを使うことが多い。しかし上級者と初心者には魚を誘う要因を発生させるテクニックに差が出やすい釣りでもある。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

誰もが簡単に弱った蝉の動きで魚を誘うことができるよう、ただリールを巻くだけでハイピッチなクロールアクションが出るような調整を行った。また上級者に対してはシェイキング等の高等技術を駆使するとテーブルターン、ウイングアタック音の変化などトリッキーな挙動を起こし魚を誘うなど、テクニカルな釣りも楽しめる。

ページトップへ