GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

受賞対象名
ヒューマノイド型ロボット [オムニボットワンセブンミュー アイソボット]
事業主体名
株式会社タカラトミー
領域/分類
身体領域 - 趣味やスポーツに用いられる道具・機器
受賞企業
株式会社タカラトミー (東京都)
受賞番号
08A01033
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

2007年ギネス世界記録にも認定された世界最小の2足歩行人型ロボット。身長は人の1/10である16.5cm、体重は1/150の350gです。完成品で簡単に操作できます。独自開発の超小型サーボモーターを17個を使用し、ジャイロセンサーも搭載し歩行時にバランス補正を行います。特定の言葉による入力もでき、コントローラーで簡単にアクションプログラムも組めます。多彩な声や効果音、音楽などをアクションに合わせて出し、家庭で愛されるフレンドリーなキャラクターを持っており、約200のアクションがあらかじめプリセットされています。サンヨーのエネループ充電池&充電器も付属しており、省エネルギーで動くのも特徴です。

プロデューサー

株式会社タカラトミー 開発本部 戦略開発室 室長 小林弘志

ディレクター

株式会社タカラトミー 開発本部 戦略開発室 シーズ開発グループ グループリーダー 渡辺公貴

デザイナー

株式会社タカラトミー 開発本部 戦略開発室 シーズ開発グループ エキスパート 苑田文明

苑田文明(タカラトミー、戦略開発室、シーズ開発グループ)

詳細情報

http://www.isobotrobot.com

発売
2007年10月27日
価格

29,800円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

漫画やアニメなど架空の世界にしか存在しなかったあこがれのロボットを、個人や家庭のレベルで手に入れる事が出来るような商品を目指した。完成品で安全で操作が簡単。動作時間が長い、価格が手頃な事。デザイン面においては、漫画やアニメ等でロボットへのあこがれを持つ男性に好かれるように、角と面を基本にしたデザインを目指しつつ、今までの過去のヒーローロボット達とは違うデザインの方向性を目指した。

デザイナーのコメント

世界最小の2足歩行ロボットを目指して開発された基本メカに、“人型(ヒトガタ)”の形と性格を与えるのが自分の仕事でした(ソフト部分もディレクション)。タカラトミーは以前からOmnibotというシリーズで一般家庭にロボットを普及したいとチャレンジしてきました。その意思を受け継ぎ、愛されるロボットをめざしてデザインを進めました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

漫画やアニメのロボットにあこがれのある人達とそのファミリー。一般的に市販されているロボットは高度な組み立てやプログラム入力が必要であり、まだまだ敷居が高いと感じている人達。キットのホビーロボット等ですでに遊んでいるユーザー。エンジニア、ロボット開発者、ロボット研究者等。2足歩行ロボットがどんな物かとりあえず試してみたい人たち。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

完成品で、誰でも簡単にロボットを操縦したり、コミュニケーションを取ったりすることが出来る。今まで夢でしか無かった2足歩行ロボットを思い通りに操ることが出来、豊富なアクションを音と台詞つきで演技してくれる。中心ユーザー(30代以上男性)だけでなく、その家族にも喜ばれたり、熟年のご夫婦が購入され、ペット代わりに楽しんでいたり、孫に自慢したりと、幅広い層に楽しんでもらえた。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

市販の単4型ニッケル水素電池を使用。本体を約350gと超軽量化し、安全で高強度で、エネルギー効率のよい超小型サーボモーターを開発しており、世界で最も少ないエネルギーで動く(5W)。トルクリミッターを各モーターに備えており、アクション終了時に電源をOFFすることにより、安全性を確保。配線を一切外に露出させない工夫も同時に行っている。

その問題点に対し、どのように対応したか

17個のサーボモーターを動かしながら、いかにして省エネルギーにするか。高度な配線技術と通信システムの設計。高いレベルの安全性。日本の得意なダウンサイジングを生かし最小であり、かつ購入しやすい価格とする為のコストとの戦い。ソフト面では家庭用ロボットとして愛される性格を設定し、面白い“現代のからくりロボット”を完成させるという目標。

審査委員の評価

簡単な操作で驚くほど多彩でユーモラスなアクションを見せる点が、理屈抜きに審査会場を沸かせた。小さな玩具ながら、日本のものづくりの美点である繊細な操作性と表現力が十二分に発揮されているところも秀逸。ユーザーの求めていたものを手頃な価格で実現したこと、eneloop充電池3本とその充電器を装備という地球環境への配慮、1回の充電で1時間以上稼働する省エネルギー性も高い評価に値する。

担当審査委員| 左合 ひとみ   井上 斌策   岩崎 一郎   川島 蓉子  

ページトップへ