GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
腕時計 [スピリット バイ パワーデザイン プロジェクト SBPC001, 003]
事業主体名
セイコーウオッチ株式会社
領域/分類
身体領域 - 身につける用品・生活雑貨
受賞企業
セイコーウオッチ株式会社 (東京都)
受賞番号
08A01001
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「セイコーパワーデザインプロジェクト」の2006年のテーマ「スタンダード」から生まれたデザインです。かつて70年代にはセイコー「タイプII」というシリーズがあり、機能を損なわぬよう装飾を抑えたデザインは、非常に潔く強い存在感があり、今もって色褪せない魅力があります。これを現代的に解釈したのが当モデルです。テーマである「スタンダード」に則し、腕時計づくりの長い歴史で培ったノウハウを活かしながら現代の腕時計として新しいスタンダードを目指したデザインです。

プロデューサー

セイコーウオッチ株式会社 デザインセンター

ディレクター

有限会社ナオトフカサワデザイン 深澤直人

デザイナー

セイコーウオッチ株式会社 デザインセンター 久米克典

詳細情報

http://www.seiko-watch.co.jp/other/about/pdp.html

発売
2008年1月25日
価格

42,000円(税込)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

当モデルは、セイコーの腕時計作りの長い歴史の中で一時代を築いた過去の商品からエッセンスを抽出し、視認性・判読性・装着性といった時計としての基本性能を高めながら、全体のバランスと細部を見直し再構築することで現代に通用する腕時計としての新しいスタンダードを目指しました。

デザイナーのコメント

腕時計としての価値を再度見つめなおした当商品は、装飾に頼ることのないシンプルで飽きのこないデザインとなっており、長く使っていただける「スタンダード」に仕上がっていると思います。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

日常的に腕時計を使用する方、あるいは腕時計に興味を持たない世代の方に。腕時計の装飾的な価値以外の本質的な価値を明解に提示することで、再び腕時計の魅力に気づいていただくことを想定しています。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

腕時計の基本機能である判読性・視認性を高め、時を知る道具としての価値を高めることで、華美な装飾だけが腕時計の魅力ではないことを再認識していただけるものとなっています。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

腕時計の本質的な価値・基本機能を見つめなおすに当たり、セイコーの腕時計作りの長い歴史の中にある過去の作品を参考にし、略字と針のバランス・配置、針と目盛の関係など細部を再検証し現代のデザインに落とし込んだ。夜間でも時刻が読めるよう略字と針にはルミブライト(畜光塗料)を加えるなどの改良を施した。

その問題点に対し、どのように対応したか

100年以上長く時計をつくり続けてきたセイコーが、ライフスタイルが変化する中、時計の魅力をあらためてお客様に再認識していただくこと。

ページトップへ