GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
「とくダネ!」 検証 ニッポンの医療
部門/分類
新領域デザイン部門 - 新領域デザイン
受賞企業
フジテレビジョン とくダネ!医療プロジェクト (東京都)
受賞番号
07D01060
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

情報番組『とくダネ!』で長期にわたって続けている検証&提言型キャンペーン。これまで、医療ミスや医療事故のスクープ取材をはじめ、何度もミスを繰り返すリピーター医師の存在、事故報告制度の不整備、貧弱な小児救急体制など、安全面から見た日本の医療の問題点を数多く指摘してきた。また、がん医療など日進月歩の先端医療の情報も伝えている。医療のかたちが大きく変わりつつある今、本当に納得できる医療を受けるための、正確な情報提供を目指しており、視聴者や医療関係者からは、毎回、1,000件以上の情報や意見、感想が寄せられている。

プロデューサー

株式会社フジテレビジョン 情報制作局情報制作センター チーフプロデューサー 宗像孝、時澤正

ディレクター

株式会社医療情報研究所 代表取締役 伊藤隼也

デザイナー

株式会社フジテレビジョン 情報制作局情報制作センター プロデューサー 塩田千尋

詳細情報

http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2007/07-146.html

開始日
2003年2月17日

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

患者本位の医療とは?命に関わる医療という分野で情報番組としてできることは?そんな思いから『検証&提言型キャンペーン』として長期にわたって取り組んでいる。徹底した現場取材と膨大なアンケート、又、監修役の医療ジャーナリストの伊藤隼也氏には現場に必ず足を運んでもらうことを通じ、正確な情報を伝えるよう努力を重ねている。医療の構造的問題へのアプローチを通じ、病院を選択する時代の一翼を担いたいと考えている。

審査委員の評価

医療ミスや医療事故の存在を、初めてスクープ取材を通して社会提起した優れた報道番組である。がん医療など日進月歩の先端医療の情報も伝えており、納得できる医療を受けるための、実用的な情報提供を目指している点も評価できる。

担当審査委員| 赤池 学   生田 幸士   タナカノリユキ   西山 浩平   原島 博  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ