GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スプリューム [オープンエンドな仮想世界]
部門/分類
コミュニケーションデザイン部門 - デジタルメディア
受賞企業
株式会社スプリューム (東京都)
受賞番号
07C02039
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Webを立体的な奥行きのある仮想空間に拡張するプラットフォームです。没入感のある立体的な世界に、ユーザーが自分の分身のキャラクターでログインすることにより、新しいユーザー体験とコミュニケーションを可能にします。仮想空間は一般的なWebサーバーからhttpで「誰でも自由に」配信することができます。このオープンエンドな仮想世界がスプリュームの特徴です。専用のブラウザを通して、世界中のWebサーバーから配信される世界を訪れます。また、サーバーを超えて空間がつながる「空間リンク」のコンセプトを導入しています。ブラウザは新しい体験の世界を訪れる「乗り物」というコンセプトでデザインしています。

プロデューサー

株式会社スプリューム 代表取締役 梶塚千春

デザイナー

株式会社スプリューム 渡邉聡、二階堂啓史、川又芳朗

詳細情報

http://www.splume.com

開始日
2007年3月1日

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

サーバーを超えて仮想空間がシームレスにつながっていく。リアルで全く新しい体験を実感させ、これからの時代を予感させるようなブラウザ・インターフェース、そしてショーケース的なセカイを視覚化しました。

デザインサイドに提示された要求・要望
1.ブラウザにおいては、白を基調としたクリーンでシンプルなインターフェースを実現すること。
2.ショーケースとなるポータル空間においては、ゲーム的な表現文法を極力離れること。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

視認性が高く、シンプルでありながら、かつグレード感を出すように心掛けた。

審査委員の評価

ネット上の仮想空間でユーザー(のアバター)が交流するというコンセプトは、セカンドライフによってはじめられたものではなく、様々な形が先行してきた。その一つであるスプリュームでは、仮想空間をWebサーバーからhttpによって配信可能としたことで、サーバーを超えて別の仮想空間どうしがつながり、拡大できるようになっている。つまり、これは閉じられた仮想空間サービスというより、新しいWeb環境のデザインという側面が強く、最も評価できる点でもある。

担当審査委員| 中谷 日出   戸島 國雄   福冨 忠和   宮崎 光弘  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ