GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
携帯電話のGUIに於けるインタラクティブデザイン思想とその表現 [Heart Craft]
部門/分類
コミュニケーションデザイン部門 - デジタルメディア
受賞企業
カシオ計算機株式会社 (東京都)
受賞番号
07C02017
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

au向け携帯電話端末A5512CA/W41CA/W43CA/W51CAにプリセットされたGUI。待受壁紙・メニュー・機能画面(メール送信等)を中心に各端末コンセプトに似合うエンターテイメント性とデザイン性の高い画面デザイン群。端末側の情報を効果的に取得させたアニメーションや搭載パターンの多種多様性や偶発性等、FlashLiteの特性を存分に生かし洗練性と親しみ易すさを併せ持つGUIは、従来型コンテンツとは一線を画したオリジナリティを表現。プロモーション面では弊社端末ユーザーに向け、モノ作りの背景を更に深く楽しんでもらうべく「Heart Craft」と題した展示会や書籍出版も実施。

ディレクター

カシオ計算機株式会社 開発本部 デザインセンター 第四デザイン室 室長 井戸透紀

デザイナー

カシオ計算機株式会社 開発本部 デザインセンター 第四デザイン室 城聡子、辻村泰一郎

詳細情報

http://k-tai.casio.jp/products/w41ca/specialsite/

開始日
2005年7月7日

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

機能や市場競争の激化に於いて短命サイクルのこのデジタルツールではあるが、人の生活に最も密着したプロダクトと言える携帯電話。「この道具と人との間に親密で心地よい関係が築けるように」との想いのもと、「Heart Craft」というテーマにて、使う度に楽しめたりほっとなれる画面デザインを通じ、使う人への温度の通うアプローチを目指した。

デザインサイドに提示された要求・要望
1.普遍性とオリジナリティを併せ持つ、新しい思想での携帯電話GUIデザインテーマの創造。
2.製品コンセプトや外観デザイン(形状・カラ-リング等)との調和・整合性の取れた完成度の高い画面グラフィックの創出。
3.携帯用Flash(FlashLite)の機能を有効活用したデザイン制作。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

(従来の待受壁紙に対し)開けばすぐそこにある待受壁紙はこのツールの「エントランス」であるのに、手にした時の安心感・親近感を感じさせるフレンドリーなムードの不足。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

(従来のアイコンメニュー等の操作系GUIに対し)PCデスクトップを模したアイコンに文字の羅列ばかりで各項目内容を易く伝える為のビジュアルの工夫及び心地良い操作感を促すインタラクティブな演出の不足。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

(従来の機能アニメ等の機能動作中GUIに対し)短いとは言え、この複雑なブラックボックスが「ユーザーをお待たせしてしまっている時間」に対し、機能の動作状態を退屈させず楽しく伝えるサービスマインドの不足。

審査委員の評価

これまでも様々なデザインが試みられてきてはいたが、やはり機能性が前面化していた携帯電話の待ち受け、メニュー、機能画面に、本格的にデザインの要素を持ち込んだ点は評価できるだろう。プリセットされたデザインながら多様性を感じさせる点、なじみやすさ親しみやすさを感じさせる点も良い。また関連する展示や出版企画などのトータルな展開も評価できる。

担当審査委員| 中谷 日出   戸島 國雄   福冨 忠和   宮崎 光弘  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ