GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
漢ぺき君で引く現代漢字辞典 [現代漢字辞典]
部門/分類
コミュニケーションデザイン部門 - コミュニケーションデザイン
受賞企業
サンルイ・ワードバンク株式会社 (埼玉県)
受賞番号
07C01037
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

漢ぺき君は電話で漢字の書き方を伝える要領を利用。構成要素の読みの頭文字を筆順につなげて見出しとし、読めない部分は「ん」で見出しをつけます。まさにコロンブスの卵的発想です。例えば、蠢は「はる・むし・むし」を簡略化した見出し「はむむ」で引け、裂は「ん・りっとう・ころも」だから「んりこ」でも引けます。慣れれば楽に見出しがつけられます。もちろん、音訓・画数索引もあり漢ぺき君に不慣れな方でも使えます。内容は滅多に使わない漢和辞典と異なり現代に即した熟語とその意味。現代年表など日常使える付録も充実。中国語読みのアルファベットでつくれば漢字文化圏の中国人が使う漢peki君の完成です。

プロデューサー

高田 任康

ディレクター

山吉 敏郎

デザイナー

山吉 敏郎

デザイナー 山吉敏郎

詳細情報

http://www.kanpeki.jp/

開始日
2006年10月1日
価格

3,700円

問い合せ先

サンルイ・ワードバンク株式会社
Email: kanpeki@sanrui.co.jp
URL: http://www.kanpeki.jp

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

300年同じ引き方が続いてきた漢和辞典に新しい引き方のカタチ「漢ぺき君」を加えました。特長は「引きやすさ」と「発展性」です。その引きやすさは漢和辞典、さらに漢字文化圏の漢字辞典にも影響を与える可能性があります。現代漢字辞典の装丁は長く使っても飽きのこない濃いブルーベースに太陽をモチーフにした飾りを配置しました。カバーを外したとき、目に飛び込む赤い本体はこの辞典の斬新さを表現しました。

デザインサイドに提示された要求・要望
1.引きやすい独創的な索引。
2.見やすいレイアウト。従来の縦書きではなく、普段の生活になじんだ横書き。
3.存在感のある装丁。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

従来の漢字辞典は画数で引くか、音訓で引くか、部首別索引で引くしかなかった。従来の索引に加えて新漢字索引力漢ぺき君が現代漢字辞典だけでなく他出版社の漢和辞典でも使えるようになれば、漢字辞典の引きにくいイメージが払拭され、人と漢字のコミュニケーションが取りやすくなるので今より漢字辞典をつかう機会が増え、一般的にいわれている漢字離れをくい止め、ひいては漢字文化をさらに豊かにする可能性がある。さらに言語を越え漢字文化圏の漢字辞典すべてを引きやすくする潜在能力が漢peki君にはある。その実現のきっかけになればと思い現代漢字辞典とネット版超漢字検索漢ぺき君(kanpeki.jp)を表した。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

本来は漢文を読むための漢和辞典と異なり、現代漢字辞典は熟語の選定・意味、漢字使い分け、熟語便覧、現代年表など現代社会に役立つ内容で一生使えることを目標に現役の高校国語教師が中心となり著作・編集した。製本は糸かがり上製本を採用し十分な耐用性を持たせた。部材はほぼ全部がパルプ紙であるので再生紙として100パーセント再利用が可能である。またネット版はまったく廃棄物がでないので環境に優しいといえる。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

いままでの普及活動にくわえ、今後はグッドデザイン賞受賞・発明協会会長賞受賞をテコに漢字関連学会、情報処理学会等で積極的に300年ぶりの漢字索引力漢ぺき君の発表を行い専門家の間に理解者をふやす努力をし、また漢和辞典出版社に対しても漢ぺき君への参加を積極的に呼びかけていくつもりである。同時に中国等には中国語版漢peki君サンプル(kanpeki.jp上に掲載)を情報として発信・提示し、漢peki君のグローバルスタンダード化を目指す。

審査委員の評価

やや慣れるまでに学習する必要があるが、辞書の引き方を根源から問い直し、新たな引き方を意欲的に提案している姿勢を評価した。今後はレイアウトの見やすさや、引きやすさを高めるためにも、本格的なデザインを導入し、誰にでも使いやすいものに進化させていって欲しい。

担当審査委員| 永井 一史   佐藤 可士和   佐藤 卓  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ