GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

受賞対象名
乳房X線撮影装置 [MAMMOREX Peruru MGU-1000A]
部門/分類
商品デザイン部門 - 医療機器・設備
受賞企業
株式会社東芝 (東京都)
東芝メディカルシステムズ株式会社 (栃木県)
受賞番号
07A11053
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

マンモグラフィとは乳房専用のX線撮影装置です。『乳がん』の早期発見に最も有効とされています。しかし日本におけるマンモグラフィ検診の受診率はわずか2%です。それ以外の98%の女性たちは仕事、結婚、出産、育児と多忙な日々を送るうちに、『乳がん』発症の危険にさらされています。『乳がん』の発症率・死亡率は年々増加し、現在日本人女性の約25人に1人がかかる最も多い“がん”です。早期に発見すれば治癒率の非常に高い“がん”ですが、毎年1万人以上の働きざかりの女性が命を落としています。このような悲劇を繰り返さないためにも、全ての日本人女性が安心して検査を受けられるマンモグラフィが今必要とされています。

プロデューサー

東芝メディカルシステムズ株式会社 X線事業部 事業部長 木村達

ディレクター

株式会社東芝 デザインセンター 参事 石本尚嗣

デザイナー

株式会社東芝 デザインセンター 主務 馬場威彰、主務 井戸健二、斎藤祐子、竹萬直子

詳細情報

http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/products/xray/mammo/peruru/index.html

開始日
2007年2月1日

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

現在日本では痛みや不安などの理由によりマンモグラフィ検診を敬遠される方も多く、検診率向上が国レベルの重要課題とされています。そのため、女性スタッフを中心に検査を受ける側の視点と、検査をする側の視点による検診率向上を目指した、日本人女性を『乳がん』から守るための開発プロジェクトを実施。100%の検診ですべての女性が安心を手にすることを願って・・・・マンモグラフィ“ペルル”は今誕生しました。

デザインのポイント
1.乳房圧迫時の痛みを軽減させ、リラックスしながら検査を受けられる新しい概念のハンドレスト(特許出願中)
2.緊張感を和らげる抱き心地を追求したラウンドフォルムと、不安感を軽減させる明るく清潔感のある色彩
3.正確なポジショニングを行いながら、受診者から目を離さずに直感的な操作性を可能としたユーザビリティ
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

マンモグラフィ検査において受診者が最も敬遠される二大要因(乳房圧迫時の痛み、検査に対する不安)があります。特に乳房圧迫時の痛みに関しては女性にとって非常に耐え難いものであります。そのため、痛みの軽減に対して真正面から取組みました。病院に赴いて専任技師からの意見聴取、マンモグラフィ撮影有資格技師による問題点の抽出、受診者と操作者のワークフロー分析、安心できる色や形の検証、原寸モデルによる受診ポジショニング評価など、人間中心設計プロセス(ISO13407)に準拠したデザイン主導型の開発プロジェクトを実施。その成果の一つとして、痛みを軽減させる新しい概念のハンドレスト(特許出願中)を誕生させました。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

従来使用している鉛を一切使用せず、鉄やアルミによってX線の遮断を実現。各部品は可能な限りRoHS対応品を使用。複合材料の低減、リサイクル比率の向上を目指した再資源化、部品の共通化や統合化による省資源化、発泡スチロールの不使用、素材の分離性、素材表示などの包装合理化、消費電力低減による省エネ化など開発段階より積極的な製品アセスメントを推進しました。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

操作者に対してもやさしく、使いやすいマンモグラフィを開発しました。人間工学専任デザイナー、マンモグラフィ撮影有資格技師による原寸モデルを使用した検証評価を繰返し実施。本体中心部に表示系を集中させることにより、正確なポジショニングを行いながら、受診者から目を離さずに直感的な操作性を可能としたユーザビリティを実現。また操作系を本体左右上下の4箇所と足元に配置することにより、Cアームの回転角度や本体の昇降位置にかかわらず、どの位置からも容易な操作ができるユニバーサルデザインを実現させました。

審査委員の評価

早期発見による乳がん死亡率低減をめざし、2000年以降厚生労働省はマンモグラフィ検診の導入勧告を開始した。一方検診に対する痛みや不安などの理由で受診を敬遠する人も多い。本機器は日本人女性の乳房形状など特性に合わせた設計、乳房圧迫時の痛みを軽減し受診者に安心感を与えるハンドレスト部、検査技師と受診者が検査ワークフローにおいて目を離さずコミュニケーションをはかりながら、正確に操作できるボタンなどを適切な位置に配置し、従来品と比較しユーザーに優しいフォルムとなっている。本デザイン開発プロセスでは女性が中心となってこの機器が持つ問題点(物理的、人間的、設置環境、操作などの要素)を本質的に追求し、高度な次元でデザインがまとめられている。

担当審査委員| 日高 一樹   高尾 茂行   蓮見 孝   馬場 了  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ