GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
CR コンソール [REGIUS Unitea]
部門/分類
商品デザイン部門 - 医療機器・設備
受賞企業
コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社 (東京都)
受賞番号
07A11050
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

CR(X線画像デジタイザー)と連携し、画像表示とファイリング機能を持つPCコンソール。従来のCRコンソールがコントローラ機能だけだったのに対して「Unitea」は画像のファイリング機能を搭載し、クリニックのX線検査において検査前のオペレーションから検査後の画像保存・管理まで、必要な機能がオールインワンに統合されている。また従来のCRでは検査前に患者名などの指示内容を入力する必要があったが、「Unitea」では撮影後に追加することが出来、施設での柔軟な運用が可能になった。

プロデューサー

コニカミノルタエムジー株式会社 商品企画センター ヘルスケア商品企画室 土野久憲、丸山則治/開発センター ヘルスケアソフトシステム開発室 唐沢治男、上田豊

ディレクター

コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社 デザインセンター 南原二郎、糟谷千里

デザイナー

コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社 デザインセンター 糟谷千里、久保田玲央奈

詳細情報

http://konicaminolta.jp/healthcare/products/cr/regius-unitea/index.html

開始日
2007年6月
価格

3,002,600円 24型モニタ:377,400円 (円 24型モニタ:377,400円)

問い合せ先

コニカミノルタホールディングス株式会社 広報・ブランド推進部 広報グループ
URL: http://konicaminolta.jp/

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

医療業界においては画像診断装置の有用性が認められ、昨今では機器のデジタル化が進んでいる。しかしクリニックなど小さな施設では、「大きい」「高い」「操作が大変」といった理由から導入のハードルが高かった。REGIUS Uniteaは自社製品との連携のみならず、他社の画像診断装置のデータも受け入れ、患者データの一元管理が可能であり、「小型」「安価」「操作が簡単」という画期的な特長を備えている。

デザインのポイント
1.CRコンソール/画像ビューアという多くの機能を、画面切替えボタンを用いてわかりやすく表示した
2.専門性の高い医療用ソフトにおいても、PC用ソフトに近い表現を行うことで、扱いやすいイメージを持たせた
3.カテゴリごとに機能を整理し、アイコンと文字を併記することでわかりやすさを向上させ、多言語対応に備えた
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

非常に多くの機能が実装されているが、機能の分類と整理を根気良く行なうことで、いたずらにボタン類を増やすことなく最小限のボタンにすることに努めた。またフォルダ表示やツールは「折りたたみ」を可能にすることで画面を広く使えるように心がけた。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

母体となるパソコンのオペレーティングシステムに基づいた操作系にすることで、使用頻度が低くても操作の「手がかり」を得やすいものとし、汎用性の向上により長く使い続けることの出来るソフトに仕上げた。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

画像を閲覧する際に妨げとならないように画面を落ち着いたグレートーンで構成しているほか、選択している箇所や良く使う機能には有彩色を配し、分かりやすさを向上させるカラーデザインを実施している。

審査委員の評価

X線撮影では、大きなカセッテをガチャガチャと入れ替える光景が見られたが、現在はデジタル化が急速に進んでいる。このPCコンソールは、CR(X線画像デジタイザー)とネットワークされ、画像表示に加えてファイリング機能をもつことにより、検査前から検査後の画像保存・管理までの一連の機能をオールインワンに統合することが出来る。特に撮影後に患者名等の情報を入力することができ、医療業務を効率化することができる点が特徴である。操作ボタンの位置などに統一性が見られ、作業の勝実性や使い易さに優れている。

担当審査委員| 日高 一樹   高尾 茂行   蓮見 孝   馬場 了  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ