GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
理・美容ハサミ [ジョーウェル FX-PRO50、FX-PRO55、FX-PRO60]
部門/分類
商品デザイン部門 - 作業工具、産業機械、搬送機器・車両/試験機器
受賞企業
株式会社東光舎 (岩手県)
受賞番号
07A09001
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

レディースカットだけでなくメンズカットとしても使いやすい万能型のミニハサミ。3Dグリップハンドルなので持ち易く、短いサイズのハサミでも連続刈り(刈上げ)がしやすくなりました。また裏側刃面がフラット・表側刃面を剣型としたことで、クシがフラット面に対してブレずにフィット。安定、且つ正確なカット面が得られます。回転軸部は開閉感を軽くするための素材を使用。機能性も充実させた。

プロデューサー

株式会社東光舎 専務取締役 井上淳史

ディレクター

株式会社東光舎 開発室 次長 外川祐二

デザイナー

株式会社東光舎 開発室 次長 外川祐二

詳細情報

http://WWW.joewell.co.jp

開始日
2007年3月1日
価格

オープンプライス

問い合せ先

株式会社東光舎 開発室
Email: sotokawa@joewell.co.jp
URL: http://WWW.joewell.co.jp

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

メンズ・レディースカットの区分けなく使いやすいハサミってどんなもの?そんな発想から生まれたニューフォルム。メンズカットへの適応性も考慮した美容師向けの新コンセプト商品です。かつてヴィダル・サッス-ンが愛用し、今も世界中で愛され続けているクラシックシリーズ発売から30年を経て、更なる進化を遂げたジョーウェルFX-PROシリーズ。世界中の美容師さんに心地よくカットして頂ければ幸いです。

デザインのポイント
1.カットする際、頭が邪魔にならない様に3Dグリップハンドル形状をしている。
2.卵形状のチタンカバーを採用しシザーケースへのスムーズな出し入れを可能にした。
3.ヒットポイントは大き目のデザインにして開閉時の衝撃を少なくした。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

理容師はすくい刈り(連続刈り)をするため、刃渡りの長い7インチぐらいのいわゆる”刈り込みハサミ”を使います。一方、美容師は長い毛を間引いてカットするので短めが使いやすく世界的に5-6インチサイズが主流となっています。3Dグリップハンドルとフラット&剣型刃にすることで5-6インチでもメンズカットに対応できる・使いやすいハサミの提供を可能にしました。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

メンズのお客さんが多い美容室への提案。

審査委員の評価

プロ用のツールとして新しいチャレンジがある。グリップのインナーリング、ヒットポイントが美しく使いやすくまとまっている。3Dの指リングも機能的で高い操作感を生み出している。金属と樹脂素材をうまく使い、人間工学的に指のすべりが必要な部分には金属、すべりが不要な繊細な部分は三次元に加工された特殊ラバーコーティングが採用されるなど、扱いやすいデザインが、高く評価された。

担当審査委員| 山村 真一   平田 喜大   平野 哲行   渡辺 弘明  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ