GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ポップ コンテナ [オクソー グッド・グリップス]
部門/分類
商品デザイン部門 - 調理・食卓商品
受賞企業
オクソー・インターナショナル (U.S.A.)
受賞番号
07A06003
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

毎日の食事、調理の場で使われる乾物を保存するための容器。料理の場で活躍するものであるからこそ片手で簡単に開閉でき使い勝手の良いものが必要。フタについているボタンを押すだけで開き、ボタンをそのままハンドルとして使え、閉めるのにはボタンを押すだけのワンタッチ操作。スクエア形状の容器は掴みやすく、角があるので中身も注ぎやすく、スタッキングがキレイにできるのでキッチンのカウンター、戸棚をすっきり整理整頓。フタは分解できるのでお手入れも簡単。

プロデューサー

株式会社フォルム 代表取締役社長 松本 有

ディレクター

株式会社フォルム 取締役部長 小笠原 伸行

デザイナー

株式会社フォルム チーフデザイナー 木田 麻紀子

開始日
2007年9月1日
価格

1,400 ~ 3,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

これまで密閉容器は、年齢・性別を問わず日常的に使用するものでありながら、高い密閉性を持つ商品は開けづらく閉めづらくて当たり前といった概念がありました。これを打ち破り、「開閉のしやすさ」と「高い密閉性」の矛盾した2つの要件を満たす形を目指しました。さらに調理作業中の必要性から「片手で開閉できる密閉容器」を条件として課し実現しました。

デザインのポイント
1.内部機構にテコの原理を使い、軽い力でボタンを押すだけの開閉動作で高密閉を得られる
2.視線を誘導し押したくなるボタンは、フタを開ける時はハンドルとしても使え、握りやすく持ち上げやすい
3.スクエア形状によるスペース効率と、エッジのない洗いやすい丸みの最良のバランス
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

・コンテナボディ上部の流線型が外観の美しさを損なうことなく限界容量を示し、使い勝手が良い。・一般的に高い密閉性が得られると言われるアウターシール式の密閉容器は閉め方にコツが必要であり、密閉された否かが非常に分かりにくかった。しかしこの商品ではワンタッチで簡単に開閉できる上に、上下するボタンの状態と内部のラッチ機構の工夫によるクリック感によって、容器が密閉されているかどうかが分かりやすい。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

・角に丸みのある形状によって剛性が高められ、衝撃によって割れにくい。・パッキンの交換が可能

デザインが技術・販売等に対して行った提案

・ユーザーの生活スタイルと内容物を現実的に想定し、使用頻度の高い乾物が袋ごと入るなど、使い勝手の良い11種類のサイズ展開。・冷蔵庫や冷凍庫に入れる場合に、コンパクトに収納できる(液体は除く)

審査委員の評価

効果的に気密性を与えるためのボタンがそのまま開閉にも使われるなど、機構と機能の両面がデザイン的に整理されている。さまざまなサイズが効率よくスタッキングされる点、手入れのしやすさに対する配慮なども評価された。

担当審査委員| 柴田 文江   安積 朋子   岩崎 一郎   和田 達也  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ