GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
コンパクトフォトプリンタ [Canon SELPHY ES2/ SELPHY ES20]
部門/分類
商品デザイン部門 - パーソナルコンピュータおよび関連商品
受賞企業
キヤノン株式会社 (東京都)
受賞番号
07A04034
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

縦型スタイルで使用時も収納時も省スペース化を実現。パソコンなしでカードやカメラを直接繋いでお気に入りの画像を選ぶだけで、キレイな写真が簡単にプリントできる。赤目軽減処理やマイカラー(色効果)などの機能で美しい写真をプリントできる。印刷の楽しみを提供する「おたのしみ」機能を搭載。チルト式の3.0型の液晶モニタで場所を選ばず簡単に操作可能。持ち運びに便利なバッテリー対応で電源の無い屋外でも写真をプリントすることが出来る。

プロデューサー

キヤノン株式会社イメージコミュニケーション事業本部 事業本部長 真栄田雅也

ディレクター

キヤノン株式会社 総合デザインセンター 所長 酒井正明

デザイナー

キヤノン株式会社 総合デザインセンター 高谷慶太

開始日
2007年10月18日
価格

オープンプライス

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

子供も機械が苦手な人も、誰もが気軽に使える簡単なプリンタを目指した。セッティングの容易さ、一見して分かる快適な操作性と屋内外を問わず使用できる利便性を追求した。いつも家族の側で写真プリントの楽しさを伝えてくれる、そんな親しみ易い製品でありたいという気持ちから、インテリアに溶け込むやさしいカラーを採用し、難しい機器のイメージを払拭する優しいデザインにした。

デザインのポイント
1.大きなラウンド面で全体を包み込む造形で他社箱型のプリンタには無い優しいデザイン。
2.キャリーハンドルによる機動性と収納時のデザイン性を両立。
3.白色鏡面と優しいナチュラルカラーを用いることによって、難しい機器の印象を払拭。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

1)収納型ハンドルによる使用時の利便性と非使用時の美しさを追求した。2)UI上重要度の高いキーを液晶の右に配し、画面とキーとの目線の移動距離を最小限に留め、使用頻度の高いキー(印刷、戻る)には色をつけ目立たせる事でユーザの操作時の負担を軽減した。3)Easy-Scroll Wheelの操作が出来ない場合でも十字キーで操作可能なUI体系とした。4)インク・用紙一体型カートリッジは用紙サイズごとにカートリッジとパッケージの色を変えることで購入時や自宅でも迷わないように配慮した。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

パーツごとに材料表示を刻印することや、材料の種類と材料色を絞ることで廃棄時の分別を容易にした。ハンドルを始めとする多くのパーツ類を下位機種に流用出来るようデザインし、また廃棄の際に、容易に分解出来るよう、シンプルなカバー構成にする事でリサイクルに配慮した。グリーン購入法に適合した環境配慮型商品である。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

1)写真プリントをもっと楽しんでもらいたいと考え「おたのしみ」機能を強化した。2)さらに簡単に操作できるよう、使用頻度の高い「印刷」「戻る」には機能色のキーを採用し誤操作を防止した。3)「ハイテク感=難しい」の製品イメージから、白を基調にした優しい色合いの製品にする事で誰もが手に取りやすいイメージにした。4)未使用時にインテリアの一部となるような美しいフォルムとカラーリングを提案した。5)調査会社との協力でターゲットユーザを対象に、写真フレームデザインの嗜好性を調査するWEBアンケート実施し、精度の高いコンテンツを提供した。

審査委員の評価

子供から大人まで、場所を選ばず楽しく、面白く印刷することができるポータブルプリンタ。大きな曲面とアールの処理で、親しみ易さが強調されている。3インチの液晶画面と各種キーとの操作上の関連も明確で、一目で使い方が理解できるようなUI体系も評価が高かった。以前の機種に比べ、格段の進化が感じられた。

担当審査委員| 安次富 隆   紺野 登   佐々木 千穂   戸谷 毅史  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ