GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|中小企業庁長官賞

受賞対象名
つめ切り [SUWADA]
部門/分類
商品デザイン部門 - 健康管理・美容商品
受賞企業
株式会社諏訪田製作所 (新潟県)
受賞番号
07A01043
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

爪のカーブにフィットするアールと鋭い刃は、丹念な手磨きで仕上げられ、高圧鍛造で鍛えた本品は、強靱な切れ味が持続します。バネの片側がハンドルから離れる、新機構のシリンダースプリングを採用することにより、刃先が大きく開き、巻爪や変形した足の爪でも切りやすいのが特長です。また刃先が見やすいのでニッパーを使い慣れていない方にも、安心してお使いいただけます。

プロデューサー

株式会社諏訪田製作所 代表取締役 小林知行

デザイナー

株式会社諏訪田製作所 代表取締役 小林知行

詳細情報

http://www.suwada.co.jp/aboutus/top.html

開始日
2007年8月29日
価格

6,615 ~ 15,750円

問い合せ先

株式会社諏訪田製作所 総務部
Email: suwada@suwada.co.jp
URL: http://www.suwada.co.jp

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

爪切り本来の機能「切る」に徹底的にこだわり、その存在感をアピールしようと試みました。手に取ったとき掌に馴染む自然なカーブで全体をまとめました。また、独自に新開発のシリンダースプリングの採用で、ワイヤーが外から見えずに故障の心配がありません

デザインのポイント
1.新たに開発したバネ本体の見えないオリジナルのスプリングシステム。
2.シンプルで、いたずらに装飾のない全体形状。
3.手のひらに収まる微妙なカーブとボリューム。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

刃先が大きく広がるように改良したため、汚れ落しや消毒もしやすく使用後の手入れを容易になり、足の爪や変形爪の切除もできるようになりました。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

保証期間を特に設けず、刃が消耗するまで何度でも、砥ぎ直しに応じております。また長寿命のため、通常の使用においての廃棄段階は想定できませんが、部品まで単一素材(ステンレススチール)で構成されているため、廃棄時に分解分別の必要がありません。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

外観からは全く見えない新開発の内蔵型スプリングは、従来のむき出しになった部品のみにくさを覆い隠し、また汚れがバネの間に入らないため、メンテナンスフリーを実現しました。

審査委員の評価

可能性を感じる製品。「切る」という機能と、その存在感をアピールしようというデザイナーの試みが高度な次元で達成されており素晴らしい。緻密に計算された爪のカーブにフィットするアール、また手磨きで仕上げたという鋭い刃は、その使用感を想起させ、「使ってみたい」と思わせる。日用品ではあるが、道具としてのフォルムの完成度も高く、美しくまとまっている。

担当審査委員| 廣田 尚子   川島 蓉子   サイトウマコト   長濱 雅彦  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ