GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
腕時計 [G-SHOCK GULFMAN GW-9100/ G-9100]
部門/分類
商品デザイン部門 - 身のまわり商品
受賞企業
カシオ計算機株式会社 (東京都)
受賞番号
07A01014
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

海で働く男性に向けたG-SHOCK、GULFMAN。本モデルは海水や海風による腐食を避けるため、ビスや美錠はもちろんのこと、外側から見えないボタンシャフトに至るまで、外気に触れる金属部分は全てチタン素材を用いたラストレジスト構造(防錆構造)を採用。海という過酷なフィールドで持てる力を充分に発揮します。世界5局対応のソーラー電波機能(GW-9100)は長距離航海にも安心してご使用いただける仕様となっています。また液晶とともに文字板も光るデュアルイルミネーター(G-9100)は漆黒の夜間の海上での視認性を向上させます。

ディレクター

カシオ計算機株式会社 開発本部 デザインセンター 第六デザイン室 室長 川島一世, リーダー 盛合竜介

デザイナー

カシオ計算機株式会社 開発本部 デザインセンター 第六デザイン室 正林盛次

詳細情報

http://www.g-shock.jp/new/2007_06/gshock_gulfman.html

開始日
2007年6月30日
価格

13,500 ~ 27,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

GALFMANは、極限での使用を想定し機能を特化したMaster of Gシリーズに属し、G-SHOCKの中では上位機種に位置します。風防ガラスを保護するチタンベゼルには精緻感あふれる仕上げを。ケースを保護するウレタンパーツは質実剛健な多面体フォルム、かつG-SHOCK独自のタフネスデザインで仕上げ、一切の無駄、妥協を排除した究極のGを目指しデザインしました。

デザインのポイント
1.精緻感のあるローレット、ヘアライン仕上げを施したチタンベゼルが、風防ガラスを正面衝撃からガード。
2.装甲を思わせる多面体フォルムのウレタンパーツがケース全体を覆い、衝撃を跳ね返す。
3.折り目形状で曲げ強度を高めた重厚感あふれる鍛造チタンバック。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

大きく押しやすいボタン、ベタつきを抑える深い浪打バンド、大き目なフォントを使用した表示を採用し、使用中の不快感を極力なくすことに勤めた。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

全体をウレタンで覆う耐衝撃構造と、錆びる事の無いラストレジスト構造、風防ガラスを保護するチタンベゼルで、海上等の過酷な環境下での使用にも耐えうる。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

コンセプト,デザインソース等を盛り込んだデザインスペックシートを作成、活用し、営業部門の啓蒙、及びカタログ内容の充実化を計った。

審査委員の評価

ジャパンデザインの腕時計の代表、20年以上の歳月が経ってもオリジナルは強い、と感心させられた。近年、デザイナーズウォッチなど、おしゃれな腕時計が多くみられるようになる中、このGショックのデザインは異彩を放ちむしろ新鮮にさえ映る。海に働く男性をターゲットにつくられた今回のGULFMANも、同様だ。海水からの腐食を避けることを目的としたチタン素材の巧みな利用もあってか、いつも以上に精緻なデザインに仕上がっており、進化を感じることができたのが何よりも評価された。

担当審査委員| 廣田 尚子   川島 蓉子   サイトウマコト   長濱 雅彦  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ