GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2006

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
業務用理・美容ハサミ [ジョーウェル・スプリーム SCC-5700F、SCC-6000F]
部門/分類
商品デザイン部門 - 作業工具、産業機械、搬送機器・車両/試験機器
受賞企業
株式会社東光舎 (岩手県)
受賞番号
06A09001
受賞概要
2006年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

全てのカット技法に対応出来ます。特にベースカット、ドライカットに最適です。刃材には高度な加工技術を要するコバルトベースアロイST-1を採用し、独自の研磨・刃付け方式で仕上げました。これによりステンレス鋼(SUS440C相当)に比べ”2.5倍の永切れ”を実現しました。回転軸・触点部分には低摩擦素材(樹脂)を使用した事で、より滑らかな開閉感が得られ、手が疲れません。また、金属アレルギー対応として硬質チタンコーティングが施されています。

プロデューサー

株式会社東光舎 取締役専務 井上淳史

ディレクター

株式会社東光舎 開発室次長 外川祐二

デザイナー

株式会社東光舎 開発室次長 外川祐二

詳細情報

http://WWW.joewell.co.jp

開始日
2006年3月1日
価格

79,800円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

世界中のヘアーデザイナーが欲しくてたまらない・手放せなくなる。そんな品質に拘った本当に価値あるハサミを作りたいと言う思いから企画しました。感激する切れ味と永切れはもちろん、特に拘った点は、カットする時の複雑で繊細な手の動きに対して使いやすい形状・バランスとジョーウェル・スプリームのブランドイメージが一目でわかる自然なデザインです。

デザインのポイント
1.カットする時の複雑で繊細な手の動きに無理なく対応できるハンドル形状。
2.回転軸部のネジの出っ張りがなく(卵形状カバー付)、シザーケースへの出し入れがスムース。
3.刃峰部の微妙な膨らみ形状により、パワフルな切れ味を実現。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

一般的な理・美容ハサミは回転軸部の軸ネジが出張っています。この突起はカットする上で大変邪魔になります。また美容師が普段身に付けているシザーケースへの出し入れでも引っ掛かってしまいます。これらの問題を解決するため、卵形状のチタンカバーを取り付けたデザインにました。ハンドル動刃側のツイスト形状、及び凹部形状は、スライドカットなど様々な手の動きにも違和感がないようにするためのものです。親切さの向上という点では、ハサミの回転軸部に耐摩耗性・すべり性の良い樹脂部材を使用する事で定期的に油を注す必要性をなくしました。又表面は硬質チタン膜で覆われているので金属アレルギーの方も安心して使用できます。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

刃材には高度な加工技術を要するコバルトベースアロイ(ST-1)を採用し、独自の研磨・刃付け方法で仕上げました。これにより、一般的に普及しているステンレス鋼(SUS440C相当)より”2.5倍”永く切れます。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

回転軸部の卵形状のチタンカバーは取り外し可能な構造なので、ユーザーが望むオリジナルロゴ・マークと入れ替えが出来ます。

審査委員の評価

手にフィットする。使いやすそう。色合いがしぶい。

担当審査委員| 澄川 伸一   井上 斌策   肥田 不二夫   馬場 了  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ