GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2006

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ズームサイト [アクセシビリティサポーターズームサイト]
部門/分類
商品デザイン部門 - ソフトウェア
受賞企業
日立公共システムエンジニアリング株式会社 (東京都)
受賞番号
06A04119
受賞概要
2006年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

公共性の高いWEBサイトに対するユニバーサルデザインに基づいたアクセシビリティ向上施策として、高齢者をはじめ視力の弱い方や色の識別の苦手な方、日本語を読むことが苦手な方がより利用しやすくするためのアシスタントツール。HTMLだけではなくPDFの読上げに対応した他、英語、中国語のコントローラをご用意いたしました。

プロデューサー

日立公共システムエンジニアリング株式会社 営業統括本部 部長代理 坂野幸生

ディレクター

日立公共システムエンジニアリング株式会社 ソリューション第4事業部 研究 開発センタ 主任 田中 公司

デザイナー

株式会社日立製作所 デザイン本部 専門デザイナー 本宮 志江、深水 竜介、植山 真弓、日立製作所デザイン本部 菊池 君枝

詳細情報

http://www.gp.hitachi.co.jp/eigyo/product/zoomsight/index.html

開始日
2006年2月8日
価格

1,260,000 ~ 4,500,000円

問い合せ先

日立公共システムエンジニアリング株式会社 営業統括本部 アクセシビリティソリューションG
Email: zoomsight@gp.hitachi.co.jp
URL: http://www.gp.hitachi.co.jp/eigyo/product/zoomsight/index.html

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

視力の弱い方、高齢者、子供、外国人等幅広いユーザを対象とするため、最高のユニバーサルデザインを実現することを目標とした。好評価を得た前製品を進化させ、ユーザから問題点を抽出し、より見やすく使いやすく、そして魅力的なインターフェースデザインを心がけた。またユーザが製品を円滑に使用できるサポートツールに関しても踏み込み、ダウンロード画面の改善やPDF作成のガイドライン制作を行った。

デザインのポイント
1.視力の弱い方、高齢者等の見やすさ・操作性を考慮した、明確な色使い、インターフェース要素、レイアウト。
2.日本語・英語・中国等の多言語展開を想定し、共通感覚で使える色彩、インターフェースメタファーを採用。
3.直感的な操作感を追及し、ボタンクリック、パネル切り替え等インターフェースの挙動変化を明確化。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

【見やすさ・わかりやすさ】視力の弱い方や高齢者にとっての見やすさ、日本に住む外国人にとっても違和感なく受け入れられる色使いやアイコンデザインを考慮し、検討を行った。【使いやすさ】直感的な操作感を実現するため、操作部インターフェースを立体的なボタンとし、挙動変化についてもボタンの「off状態」「マウスオーバー」「on状態」ごとの色彩、凹凸の変化、そして各種機能パネルのレイヤー構成、切り替え時の回転移動などを明確に表現した。【親しみやすさ】閲覧中の様々な画面デザインと調和しやすいシンプルなデザインとし、ボタン形状・質感においては「ソフト」「優しさ」「クリア」を表現した。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

特になし

デザインが技術・販売等に対して行った提案

・PDF形式の文書の読上げ機能の実現に伴い、その機能を有効活用してもらうためのアクセシブルなPDFの作成手順をガイドラインとしてまとめ、販促物として活用することにした。・ダウンロード、説明ページについてわかりやすい情報設計、製品ブランドイメージとあわせたビジュアルデザインに改善した。・自社および関連会社のWEB上でユーザーが実際にその操作性を体験して頂けるように公開を行なっている。

審査委員の評価

インターネットからの情報の重要性が高まる中、その情報をそのままでは読み取ることや理解することが困難な方にも、平等に情報に触れる機会を提供することは非常に重要である。更に使いやすくなっており、視覚的にも魅力を増している。

担当審査委員| 佐々木 千穂   キュー・リーメイ・ジュリヤ   戸谷 毅史   中谷 日出  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ