GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2006

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
充電式ニッケル水素電池(電池本体グラフィック/パッケージデザイン) ["eneloop" HR-3U-TG(2BP/ 4BP/ 8BP), HR-4U-TG(2BP/ 4BP), N-MDR02S, NCS-TG1-2BP, NCS-TG2-2BP, NC-TG1, N-TG1S]
部門/分類
商品デザイン部門 - 日用品・ガーデニング用品・雑貨
受賞企業
三洋電機株式会社 (大阪府)
受賞番号
06A02040
受賞概要
2006年度グッドデザイン賞受賞概要

単3・単4形対応充電器[NC-TG1]充電式ニッケル水素電池(電池本体グラフィック/パッケージデザイン)["eneloop" HR-3U-TG(2BP/ 4BP/ 8BP), HR-4U-TG(2BP/ 4BP), N-MDR02S, NCS-TG1-2BP, NCS-TG2-2BP, NC-TG1, N-TG1S] は、2点をまとめて「グッドデザイン金賞」1件の扱いとなります。

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

三洋電機は2005年7月からサスティナビリティーと共生進化をテーマにしたモノ作りの新ビジョン“Think GAIA”を掲げており、この電池はそのビジョンから生まれた第一弾商品にあたる。地球環境への配慮とクリーンエネルギー社会の創造を具現化するため「使い捨てない」をコンセプトに開発された。既存の充電式ニッケル水素電池と比べ自己放電しにくく、1年間放置していてもエネルギー残存率は約85%を維持するため購入後すぐに使うことができる。また、充電すれば約1000回くりかえし使用でき、乾電池と比べて経済的で、継ぎ足し充電してもエネルギー蓄積効率が落ちないという優れた特性を持つ画期的な電池である。

プロデューサー

三洋電機株式会社取締役 専務執行役員 パワーグループ グループ長 本間充

ディレクター

三洋電機株式会社ブランド本部 アドバンストデザインセンター 所長 石川照男/ブランド本部 アドバンストデザインセンター チーフデザイナー 水田一久

デザイナー

三洋電機株式会社ブランド本部 アドバンストデザインセンター チーフデザイナー 水田一久/太田繁宏

詳細情報

http://www.sanyo.co.jp/eneloop/index.html

開始日
2005年11月14日
価格

945 ~ 2,980円 (1980円?オープン価格まで)

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

地球環境への配慮をデザインする上での絶対条件とし「使い捨てない」というコンセプトのもと「従来の電池のイメージを覆し、誰もできなかった新しい表現に挑戦する」という情熱を胸に秘め、情緒的で洗練されたデザインを目指しました。地球環境の悪化が懸念される中、小さな電池でも地球の未来を変えられるきっかけになれると思います。eneloopのデザインは地球への愛とデザインに対する情熱の結晶です。

デザインのポイント
1.既存商品にないフェミニンで清潔感のある電池本体のグラフィックデザイン
2.生命とエネルギーを大切に包み込む地球をイメージしたパッケージデザイン。
3.対環境・機能性を重視し、開封後は電池のパッケージが保管ケースとして使える。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

1.再生PET単一素材により、分別廃棄の手間がかからない。2.開封後パッケージが保管ケースとして使用できる。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

1.電池本体チューブは長期間使用できるよう従来よりも強度のある素材を採用。2.電池本体についてはすでに回収・リサイクルシステムが構築されている。パッケージにおいては再生PET単一素材なので分別廃棄の手間がかからない。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

パッケージは透明な再生PET単一素材なので物理的にはペットボトルのリサイクルルートで回収可能。容器包装リサイクル法をクリアできるように社内関係各部門に働きかけをしている。*現在は法律上、飲料又は醤油のペットボトルしか回収できない。

審査委員の評価

かたちそのものではなく、「エコデザインシリーズとして一貫したブランドメッセージを感じる」点を評価。「使い捨てない乾電池」というハードな側面と環境、共生運動というソフトな側面が見事に出会った結果である。時代を代表するデザインソリューションの好例だ。

担当審査委員| 長濱 雅彦   有元 正存   大島 礼治   原 研哉  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ