GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2006

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
シチズンエクシード 薄型電波時計 [CITIZEN EXCEED EBG74-2371]
部門/分類
商品デザイン部門 - 身のまわり商品
受賞企業
シチズン時計株式会社 (東京都)
受賞番号
06A01022
受賞概要
2006年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

アナログ表示式時刻電波修正腕時計として世界最薄。(2006年6月10日現在)エコマーク商品として認定された「Eco-Drive」による光発電で駆動し、電波を受信して時刻を自動修正します。ムーブメント厚3.3mmが実現する薄さ6.7mm(本体中心厚)が、エレガントでシンプルモダンなデザインを可能にしました。日本の様式美をヒントにした造形と、和の文様(花七宝繋ぎ文様)を取り入れたダイヤルが美しい、伝統と最新テクノロジーが融合した高級ドレスウォッチです。

ディレクター

シチズン時計株式会社 時計事業統括本部 デザインセンター センター長 蒲谷晴通

デザイナー

シチズン時計株式会社 時計事業統括本部 デザインセンター デザイナー 中林公人

詳細情報

http://citizen.jp/exceed/lineup/rcw/742373.html

開始日
2006年6月10日
価格

136,500 ~ 157,500円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

日本人独自の発想と技術を盛り込んでクリエイトする事を目標にした。高精度薄型最新実装技術が成し得る、繊細で張り詰める心地よい緊張感とエレガンスをデザインコンセプトとし、日本の様式美や伝統美をヒントにした造形を折込んで、「JAPAN MADE」である事を誇れる、日本独自の商品に仕立てる事を意識してデザインした。

デザインのポイント
1.薄型ムーブメントを包む外装の設計を極限まで切り詰め、薄さが演出するエレガンスをモダンに仕上げている。
2.加工し易いフラット形状で全体を構成する事で、薄さを追求しながら、立体感と高品質感を表現した。
3.フラットで煌びやかな多面構成と、ソフトなマーカーのダイヤルを合わせ、緊張感と優しさを両立させた。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

ダイヤルのマーカーは、スティック型の極力シンプルな形を採用し、緩やかにカーブさせる事で光の反射を程よく分散させ、どの角度から見ても高い視認性を確保できるよう配慮した。金属バンドは、パーツを分けて別体にする事で加工品質を上げると共に、なるべく隙間を無くす形状をとって、一体感や装着感の向上、余計なゴミの付着を軽減させた。バックルには、爪を傷めないプッシュ式の着脱方式を採用し、バンド本体とも一体感を持たせて美しく仕上げた。また全体の造形はシャープではあるが、造形の主張が損なわれない範囲で鋭利な突起を無くしたり適度な角丸めを施し、装着感を考慮している。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

電波による自動時刻修正機能が付いている為、ユーザー自身がリューズを操作する事がほとんど必要無い事から、リューズ径を極力小さくして構造部の負担と破損のリスクを軽減した。また、光発電により半永久的な駆動を約束されている時計であるが、文字板部のマーカーを極力排除して光発電の為の光透過面積を広くする事で、充電効率を向上させている。風防は傷がつきにくいサファイアガラスを採用し、両面に無反射コートを施して視認性に考慮した。外装表面も非常に傷に強い表面硬化膜技術を採用し、長く愛用していただける配慮をしている。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

販売店や営業、宣伝に対して、プロモーションや店頭での販促活動に活用できる ように、商品に込めたデザインの意図や具体的に使用した造形モチーフを提示し た。また、金婚式や結納返し等のギフト需要への効果的なアピール材料として、不老長寿や子孫繁栄、 価値のある人と人との繋がりをあらわす日本の文様である「花七宝繋ぎ文様」を 文字板に表現した。更に、この文様を全シリーズに採用して統一感を演出するこ とで、宣伝効果が効率良く現れるよう貫いて採用することを主張した。

審査委員の評価

エコドライブという独自の技術をより進化させている、どちらかというと機能性能のみを全面に出してきた「Eco-Drive」の商品を身につけるエレガントなものへと昇華させようとする姿勢が良い。

担当審査委員| 國本 桂史   倉方 雅行   サイトウマコト   廣田 尚子  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ