GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2005

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
パッケージデザイン [チョコレート airs[エアーズ]]
部門/分類
コミュニケーションデザイン部門 - コミュニケーションデザイン
受賞企業
株式会社ロッテ (東京都)
受賞番号
05C01027
受賞概要
2005年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

食感の面白さや話題性のある菓子が購入を左右する10代女性へ向けて、独自の「瞬間発泡製法」により、きめ細やかなエアーを抱き込ませてなめらかな口どけを実現した「エアーな口どけでリッチなチョコ感が楽しめる」一粒タイプのエアインチョコ「エアーズ」。その口どけを実現させたエアー感を箱とチョコのモールドの曲線で表現。箱の握りやすさと多面陳列での波打つ店頭をイメージし、菓子パッケージでは世界的に類を見ない薄型曲面カートンを採用。愛され続けるデザインを目指しシンプルで本格的なチョコをイメージさせるセピア色をメインに、また「a」をかわいいアイコンとして大きくデザインし、10代女性の高い支持を得た。

プロデューサー

株式会社ロッテ 商品開発部

ディレクター

クリエイティブディレクター:大日本印刷株式会社包装総合開発センター 三石博/コンストラクションディレクター:凸版印刷株式会社パッケージ事業部企画本部 時田秀久

デザイナー

グラフィックデザイナー:クリップスファクトリー 塩崎杏澄/フォトグラファー:株式会社フライングスタジオ/コンストラクションデザイナー:丸山デザイン事務所 丸山和子

詳細情報

http://www.lotte.co.jp/

開始日
2005年2月1日
価格

オープンプライス

問い合せ先

株式会社ロッテ 商品開発部
Email: munenori_hiroyuki@lotte.co.jp
URL: http://www.lotte.co.jp/

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

「瞬間発泡製法」という独自の製法によって実現した、なめらかでリッチなチョコ感が楽しめるというコンセプトを、極力シンプル且つ細心にデザインした。特にパッケージの形状やシンボル化された「a」のアイコン等、市場での登場感や認知率、話題性の喚起に寄与できる工夫を随所に行なった。

デザインサイドに提示された要求・要望
1.「瞬間発泡製法」によるなめらかな口溶け感、エアー感、リッチなチョコレート感の表現
2.視認性が高く、エアー感にも通じるアイコンの開発
3.なめらかなエアー感を感じる、新規性のある構造の開発

審査委員の評価

緩やかな曲線をもったパッケージは、陳列時に従来にない面白いコンストラクションをつくっている。パッケージデザインとして意欲的な試みは、印刷会社のデザイナーが最後までイニシアチブをとり開発したものと思われ、その点も評価したい。

担当審査委員| 永井 一史   佐藤 可士和   佐藤 卓   三木 健  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ