GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2005

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
乳幼児用椅子 [ベビーキープ・スリムFL、ベビーキープ・スリムWA]
部門/分類
商品デザイン部門 - 公共機器・設備/公共交通関連機器・設備
受賞企業
コンビウィズ株式会社 (東京都)
受賞番号
05A11041
受賞概要
2005年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

公共トイレや試着室などで乳幼児を一時的に座らせる椅子。場所を取らない折畳式で開くとゆったり座れる安定性を確保しました。赤ちゃんを抱いたまま片手でワンタッチ操作できます。乳幼児の頭部を壁面から保護するヘッドパッドは交換可能なので清潔感が長期的に保てます。

プロデューサー

コンビウィズ株式会社 開発部 取締役部長 高橋浩三

ディレクター

コンビウィズ株式会社 開発部 開発企画担当 主査 河村眞弓 

デザイナー

有限会社賀風デザイン事務所 プロダクトデザイン事業部 リーダー 西澤 稔

詳細情報

http://www.combiwith.co.jp/biz/products/toilet.html

開始日
2004年5月1日
価格

55,000 ~ 69,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

詳細な体形データとモニター調査を重ね、子供を入れやすく、自力で抜けにくいガード形状、後頭部をガードするヘッドパットの設置などによる安全性の向上を第一に考えユーザビリティーを高めました。また部品材質、構成を見直しリサイクル性を上げ、公共の場で使われる設備品として、コンパクトでフレンドリーなデザインを追及しました。 

デザインのポイント
1.乳児だけではなく対象年齢が大きい子どもの頭部も保護できるよう、ヘッドパッドを長く設定しました。
2.強度と座り心地をそこなわない状態で限りなく薄く仕上げました。狭い場所に設置しても邪魔になりません。
3.子どもが自力で容易に立ち上がることができないようにガードを独自の湾曲した形状にしました。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

子どもの座り心地と、安定性、自力で立ち上がれない形状、この3つを人間工学の視点から取り組んで形状を完成させました。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

基本構造部材は防錆の鋼とし、表面のプラスチックやヘッドパッドは交換可能にしたため、定期的なメンテによって長く使用できます。環境対策としては異素材同士の結合を避けて設計。レザー部はウレタンレザー(非塩ビ)を採用しました。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

組立や施工を複雑にせず、はじめてでも簡単に施工できます。(弊社従来品より施工時間を約2/3に短縮)

審査委員の評価

同社が過去にグッドデザイン賞を受賞した関連商品に、ゆっくり座れる安定性、交換可能なヘッドパッドを広くとって使用者の年齢幅を広げた点など、さらに改良を加えた点を評価した。この種の商品のデザインの向上は子育てしやすい社会装置の一端を担うものとして、さらなる進化を望みたい。

担当審査委員| 森山 明子   大月 ヒロ子   平野 湟太郎   福田 哲夫  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ