GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2005

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
カテーテル検査キット [ソリューションパック]
部門/分類
商品デザイン部門 - 医療機器・設備
受賞企業
テルモ株式会社 (東京都)
受賞番号
05A10041
受賞概要
2005年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

血流検査に使用する物品を使用する順番にパックしたシステム製品。検査室での使いやすさを考慮し、物品を最適な形でレイアウトできるようにトレイを設計。使用後はトレイごと廃棄できる。

プロデューサー

テルモ株式会社 心臓血管グループ カテーテルカンパニー 国内営業推進 課長代理 大尾孝志

ディレクター

テルモ株式会社 心臓血管グループ カテーテルカンパニー ソリューションパックプロジェクト プロジェクトリーダ 安田研一

デザイナー

テルモ株式会社 心臓血管グループ カテーテルカンパニー ソリューションパックプロジェクト

開始日
2005年12月
価格

-

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

心疾患患者は年々増加しており、それに伴い治療のための血流検査件数も年々増加している。しかも、検査は医師、看護師、技師等多くの人が関わっている。様々な物品、複雑な工程を抱え、医療リスクへの対応も必要とされている。そういった状況下で、医療従事者が、「患者さんへの気配り」「現場での小さな変化への対応」ができるような、気持ちにゆとりを持った医療を提供するために、本商品を開発した。

デザインのポイント
1.開封したら、すぐに検査が開始できるように30種類にもおよぶ物品を使用する順番にレイアウト。
2.安全かつコンパクトに廃棄できるように、2つに離して重ねて廃棄できるトレイ形状。
3.使用物品管理、記録、在庫管理を目的にバーコード/アイコン付きの構成品リスト。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

従来の医療現場でのカテーテル検査室での動作・動線研究による、検査手順に沿った物品レイアウトに注力。検査準備にかかる時間も従来の10分から、3分へ短縮。複雑な業務からの開放はチーム医療の効率化だけではなく、検査ミス軽減が期待できる。また、患者さんの待ち時間が短縮され医療サービスの向上にもつながる。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

使用済みのカテーテルは弾力があり跳ねやすく、血液が飛び散ることもあり細心の注意を払う必要があった。また、数多くの物品の分別廃棄の処理も手間がかかった。ソリューションパックは検査後すべてトレイにもどし、トレイごと廃棄できる。紙とプラスチックの分別も必要なく、血液の飛び散りの心配も少なく安全。またトレイを分割して重ねて廃棄するので、コンパクトに廃棄することができる。

審査委員の評価

医療現場の煩雑な状況から、ルーチン化されるべきワークフローを取り上げ、使用順位に応じたパッケージングを行い、様々なミスの原因を取り除こうとしたことが、高く評価できる。「行為のデザイン」の実践例だともいえる。

担当審査委員| 村田 智明   奥山 清行   河原林 桂一郎   渡辺 誠  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ