GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2005

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
スーツケース [プロテカ プレシーディオ ]
部門/分類
商品デザイン部門 - 身のまわり商品
受賞企業
エース株式会社 (大阪府)
受賞番号
05A01031
受賞概要
2005年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

伝統的なスタイルを感じさせるデザインにタフな機能を融合。コーナー8箇所にはビス留め風のプロテクターを配し旅道具としての現代的なデザイン解釈を与えた。衝撃に強く軽いポリカーボネートABS混合樹脂のボディ、超軽量・超硬質のマグネシウム96%合金のフレームは内部を衝撃から保護。内装はウレタンフォームを裏打ちした生地でしっかり収納品を護る。ロックはカードキーで施錠・開錠ができるワンタッチ操作。グリップ部のボタン操作で位置が調整できる新開発プルドライブハンドル。従来品より軟質な素材を使った径50mmの大型キャスターは安定・静音な走行を実現。確かな機能性に裏打ちされた、クラッシックで新しいスーツケース。

プロデューサー

エース株式会社

ディレクター

エース株式会社 デザインセンター

デザイナー

ジョルジェット・ジウジアーロ

開始日
2005年3月1日
価格

52,500 ~ 56,700円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

革新性と機能性を併せ持つ製品を提案することを目的とした。スーツケースの伝統的なスタイルを強調するディテールを現代的に再解釈した。丸みを帯びたコーナーのプロテクターはそうしたデザイン要素であると同時に、タフでヘビーな使用に耐えられるプロテクターの役割も果たす。カラーやディテールに対する気配り、フォルムの追及にイタリアデザインのエッセンスが入っている。

デザインのポイント
1.ボディ素材にポリカーボネートABS混合樹脂を採用し軽量さと耐衝撃性を実現。
2.従来品より軟質な素材を使用した径50mmの大型タイヤを採用。2輪走行時でも安定性と静音性を実現。
3.新開発のプルドライブハンドルはグリップ部のボタン操作で引き出し可能。身長に合わせて固定位置を調整。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

旅行時のユーザーの足跡を丹念に想定しユーザビリティを向上させるソリューションを提示した。新開発のプルドライブハンドルはグリップ部にあるボタン操作で引き出し固定位置が調整可能。ユーザーの身長にあわせたセッティングが簡単に行える。ロックにオートクローズ機構を採用し、空港などでの不意の開口を防止。大型4輪キャスターの採用で前後左右自在に移動でき、ユーザーの動きに沿う滑らかな走行を実現。またキャスターは従来品よりソフトな素材を使用し静音性を高め、閑静な住宅街でも気にせず使用できるよう配慮。

審査委員の評価

ポリカーボネートABS混合樹脂を製品にうまく取り入れている。ポリカーボネートABS混合樹脂のボディ、マグネシウム合金のフレーム、内装にウレタンフォームを裏打ちした生地といった最新の素材を使い、クラシックになりがちなスタイリング要素を今日的に造形した美しさがある。

担当審査委員| 國本 桂史   川島 蓉子   サイトウマコト   山本 建太郎  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ