GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2005

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
サングラス [SWANS(スワンズ) CYNIUM(サイニューム)-R]
部門/分類
商品デザイン部門 - 身のまわり商品
受賞企業
山本光学株式会社 (大阪府)
受賞番号
05A01017
受賞概要
2005年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

プラスティックとチタン材との融合によりシャープかつ重量感のある質感のデザインのグラスに仕上がりました レンズ着脱タイプであるため天候等の状況の変化に対応したレンズ交換が可能です また、別売のインナーフレームを装着することで度付きにも対応できます

プロデューサー

山本光学株式会社 商品企画部 企画課 係長 粟島敏文

ディレクター

山本光学株式会社 商品企画部 設計課 川西 昇

デザイナー

山本光学株式会社 商品企画部 企画課 安原和人

デザイナー 顔写真

詳細情報

http://www.swans.co.jp

開始日
2005年4月
価格

16,800 ~ 21,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

見た目以上に激しい動きを要求されるサイクルスポーツでの使用を前提に最高のフィッティング感とズレ落ちない設計を最大のテーマとしました。デザイン面もスピード感溢れる演出を心掛け、風の巻き込み具合など機能性とのマッチングにも最大の注意を払いました。

デザインのポイント
1.テンプルパットの両端に硬めの素材を用いることにより抜け防止、回転防止を抑えた滑りにくい形状
2.フロントフレーム、テンプルそれぞれ異素材の特徴を生かした機能的コンビネーションスタイル
3.ライダーにシャープなイメージを与えるフロントデザイン
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

スポーツで使用する商品であることから、装着感の向上には最善の注意を払いデザインに取り組む その結果、大型のテンプルパッド等の採用により最高のフィット性能を実現

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

スポーツ使用時に発生する汗・海水等による腐食・劣化を避けるために、メタルパーツに関してはチタン材を積極的に使用

デザインが技術・販売等に対して行った提案

異素材が融合されたサングラス「ハイブリッド・グラス」としてメタルの重厚感・プラスティックのシャープさを提案 サイクルグラスに求められるフィット感を含め全てが盛り込まれた商品である

審査委員の評価

天候の変化にも瞬時に対応できるレンズ交換システムが造形の中でまとまっている。ノーズパッド丿部分とレンズ取り付け部のデザイン処理が秀英である。

担当審査委員| 國本 桂史   川島 蓉子   サイトウマコト   山本 建太郎  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ