GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2004

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
トイレ用擬音装置 [トイレ用擬音装置プッシュボタン式 KS-602]
部門/分類
商品デザイン部門 - 公共機器・設備/公共交通関連機器・設備
受賞企業
株式会社INAX (愛知県)
受賞番号
04A11024
受賞概要
2004年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

公共トイレ大便用ブース内に設置し、用を足した際他人に聞かれたくない音を電子音にてかき消すことで利用者のプライバシーを守りながら、水のムダ使いを防ぎ、優れた節水効果を得る。壁付けタイプで、しかも電池式のため、設置の際の工事が必要なく、あらゆるトイレ空間に簡単に設置できる。誰にでも使いやすく、操作方法をすぐ理解できるプッシュボタン式。また目の不自由な方のために点字での説明を併記。どんなトイレ空間にもなじむようシンプルでクセのない外観デザインにまとめた。

デザイナー

株式会社INAX 設備事業部 商品開発室 都築秀昭

詳細情報

http://www.inax.co.jp

開始日
2004年4月1日
価格

15,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

昨今の環境への意識の高まり、また個人のプライバシーに対する関心が高まる中で「トイレ用擬音装置」が必要とされる場面が増えた。しかし装置という名称通り、既存の同様商品は設備機器としての意味合いが強く、デザイン性もあまり重視されていなかった。本商品ではどんなトイレ空間にもなじむよう高い意匠性を付加し、さらに使い勝手にも十分配慮した商品である。

デザインのポイント
1.どんなトイレ空間にもなじむシンプルでクセのない外観デザインは空間をきれいに見せる。
2.すっきりとした清潔なデザインは利用者に抵抗を与えることなくお使いいただける。
3.使いやすい位置と適度な大きさのプッシュボタン。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

・誰にでも使いやすく、操作方法をすぐ理解できるプッシュボタン式を採用。ボタン位置、大きさ、かたち等に配慮してデザインを行った。・目の不自由な方のために点字での説明を併記し、外国人利用者のために英語も併記している。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

・シンプルで飽きのこないデザイン。・複雑な機構を持たないため、故障の可能性が低く、電池を交換することにより半永久的に使用できる ・火煙草などを本体上部に置かれないよう、上面部に5度の前傾斜を設け、イタズラ等による製品の劣化を防ぐ。・盗難防止のため固定ネジは電池カバーとともに隠蔽。

審査委員の評価

外観はすっきりと控えめでコンパクトに出来ており、綺麗にまとまっている点も評価できる。ユニバーサルな配慮も良い。

担当審査委員| 森田 昌嗣   大月 ヒロ子   坂野 博行   平野 湟太郎  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ