GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2004

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
携帯電話機 [NTT ドコモ ムーバ SO213i 「Premini」]
部門/分類
商品デザイン部門 - 携帯電話、モバイル関連商品
受賞企業
ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社 (東京都)
受賞番号
04A03046
受賞概要
2004年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

iモード対応世界最小ケータイ電話。小さいだけでなく、使い勝手にこだわった。多機能化が進む中で、自分流にこだわる方々へ通話・メール・iモードに機能をしぼりこみ、質感アルミニウムボディーや青色LEDなどの持つ喜びを感じることの部分にこだわった。本体デザインだけでなくUIや取説、個装箱、キャリングケースなどをトータルコーディネートしている。

プロデューサー

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社 PDC&IMT部門商品部 統括部長 橋口 文貴

ディレクター

ソニーデジタルデザイン株式会社 インキュベイティブデザイン部 クリエイティブプロデューサー 佐藤 敏明

デザイナー

ソニーデジタルデザイン株式会社 インキュベイティブデザイン部 デザイナー 鈴木 茂章、佐野 哲郎/ヒューマンインターフェースデザイン部 デザイナー 浜 達也

詳細情報

http://www.nttdocomo.co.jp/index.shtml

開始日
2004年7月1日
価格

10,000 ~ 30,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

コンセプトからプロモーションまでのトータルデザインをテーマにあらゆるデザイン個所に「趣味性・本物感へのこだわり」を求め、超小型端末の世界感を築いた。イメージと実用性のバランスを検証しウェアラブルなアクセサリー感覚といえる商品を目指した。

デザインのポイント
1.プロダクト、グラフィック、インターフェースが一体となったトータルデザイン展開
2.プロモーションに至るまで一貫した世界観の構築

審査委員の評価

・キーを階段状にする画期的な手法によって操作性の向上を目指しているが、決して使いやすいとは言えないし、昨今主流のカメラも付いていないが、その小ささと緻密なデザインが魅力である。・これまでも海外では小型携帯があったが、デザインの緻密さで一線を画していると評価した。・ 多くの携帯がデジタルカメラライクなスタイリングに走っている中、使える程度に最小限度(ミニマム)を目指している点に、新たな携帯電話のステージを国内市場に切り開いたエポックメイキングなデザインと言えよう。

担当審査委員| 安次富 隆   倉方 雅行   武田 徹  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ